rr52016年夏にグループを卒業した彼女は、昨年7月、芸能界に復帰した。以降の活動は順調だが、表舞台から姿を消していた「空白の2年間」に演じた愛憎劇は知られていない・・






「あれは17年、10月半ばのことです」と、渡辺の知人が当時を振り返る。

「みるきーはモデル上がりの小南(こみなみ)光司という俳優と半同棲状態でした。問題の日の夜、東京の港区内にある彼女のマンションで、痴話喧嘩の末に警察沙汰になってしまったんです。酒に酔った小南が暴行を働き、彼女の通報で警察官数人が駆けつけた。小南は三田警察署で事情を聴かれたものの、逮捕には至らなかったといいます」

 このころ“充電中”だった渡辺のSNSなどには、舞台や映画を観て、食事やカフェに行く日々が綴られる。その裏に、こんな事実が隠れていたとは――。

 小南は雑誌モデルとして活動し、15年からは舞台や映画に出演。BSフジで冠番組を持ったこともある、将来を期待されるイケメンだ。渡辺の知人が続ける。


・みるきーこと渡辺美優紀さん 2017年にNMB48を卒業



「小南は、知人の紹介でみるきーと知り合ったんです。1歳下の小南が猛アタックしてね。彼女のマンション近くに引っ越したほど、ベタ惚れだったんですよ。で、自宅を行き来するうちに半同棲状態となったのです」

 そんな美男美女カップルが警察を巻き込む騒動を起こすまでには、

「この日の暴行だけでなく、日ごろから、人格を否定するような暴言があったようです。交際中、みるきーはかなり悩んでいました。2人は騒動後にいったん仲直りしたのですが、結局、3カ月ほどして別れました」

 すべての原因は小南の酒癖ではないかと、ある舞台関係者は眉をひそめる。

「彼は、本当に酒乱の気があるんです。酔うとカッとなって手が出てしまう。無類の女好きでもあり、プライベートで知り合ったタレントやモデル、舞台の制作スタッフまで手当たり次第に口説く。業界内では要注意人物として知られていますね」・・

(source: デイリー新潮 - 元NMB渡辺美優紀「充電中」にイケメン俳優・小南光司と半同棲、警察沙汰になっていた


・小南光司



・狩野にしか見えない。
そういう意味ではイケメンか。

・吉本が問題になってるが、吉本と対決したことがあるのが渡辺美優紀。
当時、吉本を離れると2年間は仕事が出来ない2年縛りというブラックな掟があり、これに挑戦した。なぜ、2年も芸能仕事が出来ないのか、そんなに仕事をしなかったら芸能界から抹殺されたのと変わらないと、仕事を始めた。

しかし、渡辺さんがラジオ出演しようとしたら、当日にいきなりストップされたこともあった。吉本が邪魔をしたのだった。吉本と裁判するという噂もあった。そうしている内に2年目になり、結局は、吉本と和解し個人事務所を作り、今の活躍がある。

このDV騒動もそうした時期に遭った。良くも悪くも辛いことは見せないので誤解されるが、母子家庭で苦労し、ジュニアダンスで日本一になり、進学校に進んだ成績も優秀な人で、2年間も苦労し芸能仕事が出来なかった分、ハンデがあるが、インスタ上昇など人気を上げている。頑張って欲しい

・いうほど今、活躍していない…

・小南って人は知らないけど、きっと色々賢くないんだろね

・異性で破滅するタイプですかね

・なんかの番組で架空の人を好きになった。とかいって潔癖だけど恋バナに参加出来るキャラを作ってたけど無理が有りすぎたな。

・酒に酔っていた割には自分に都合いい事の記憶はしっかり残ってるんだね。
すごいね。


・最近の渡辺美優紀さん