334吉本興業の体制が変わらなければ退社も辞さない発言をしていたことを受け、岡本昭彦社長(52)からミーティングを求められたことについて言及。23日夕方から大崎会長と話し合うことになったと明かした・・





 加藤は「取締役が変わらない限り、僕は会社を辞めると昨日言ったんで、その旨を伝えようと思ってます。そこで僕が芸能界でどうなるのかは、それからかなと思ってます」と語った。その上で「岡本社長は来ないんですよ。大崎会長と話します」と明かした。

 加藤は22日の放送で顔を真っ赤にし、怒りの表情で所属事務所・吉本の体制を批判した。「大崎(会長)さんと岡本(社長)さんを怖がっている状況がずっと続いてきた」と指摘。

さらに「これからもそれが続くと思ったら、僕はこの会社にいられない。この体制が、今の社長、会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める」と声を荒らげた。 その後、岡本社長が会見を開き「まずはきちんと話をして(事務所に)残っていただけることから始めていく。直接本人と話をしてから」と発言していた・・

(source: スポーツ報知 - 加藤浩次、夕方から大崎会長と緊急会談へ「取締役が変わらない限り辞める旨を伝えようと」


・話題となっている 岡本社長の会見




・吉本批判=宮迫擁護、と取る人多いみたいだけどそうではないと思うけど。
闇営業・反社の問題、嘘の問題、ここまでが宮迫ら。
会見の告白によって企業の反社との関係問題、パワハラ・恫喝を越えた脅迫の問題、これが吉本。
少なくても四つの問題が出たと言うだけ。
そのうち宮迫らに関しては会見によって告白と謝罪をしたので、今後(謹慎等)の処分で終わるレベルだと思うってだけ。擁護ではない。
しかし吉本の問題は何も解決してないのでは?
今時、反社との関係や社長自らの脅迫が減俸程度で済むのか?そもそも時間長いだけで釈明にすらなってない。

・まず…
宮迫さんや亮さん達がついた嘘から始まったことを改めて認識し、そのことを話し合い、そして本当のことがわかったとき、なぜ会社幹部と当人たちが一緒に会見できなかったのか?
それから謹慎でよかったのではないのか?
さらになぜこのような直営業をさせるような体制になってしまったのか?根本的な理由は他にあるのでは???

・吉本は守るつもりでした。
嘘をつかれ、お詫びに追われ、事実把握と余罪把握のために静観しました。きっと余罪はありますよ。松本さんも余罪があった場合の憂慮はされてましたね。

・加藤さん気持ちは分かるが熱くなり過ぎの印象、会社にものが言える立場なら後輩芸人もいるのだからそこから始めることが良いと思う。ここまで大事になると会社をつぶすのは簡単、でもそれで困る芸人も出てくるのだから会社改革の先頭に立つくらいの立ち位置を持ってほしいとは思う。

・松本さんはワイドナショーで「出来るだけ中立でいたいと思った」と言っていましたが、苦労した若手時代から一緒の大崎さんとは一蓮托生なのかもしれません。
個人的な感情として仕方ないと思います。

・嫌ならやめればいい。どうぞ。生放送での威勢の良さに後輩は便乗して会社批判はしてる人も多いけど、加藤さんと一緒に自分もやめます!って芸人さんいるのかな… お笑いから朝のMC大抜擢だと思うけどね。相方の不祥事も、今回の闇営業も一般社会では簡単に処分撤回も復帰も考えられない。家族や子供がって言うなら尚更転職したほうがいいのでは。頭から仲間を戻すことばかり主張するけど自分達、それでいいのか?って投げかけられない人がMCやってるのも確かにおかしいか。

・本気で言っているのなら非常にいいことだと思います。
色々評価が分かれているようですが、一両日中に本当のことがわかるでしょう。
言っていることそのままであれば、加藤は世間の評価が非常に高くなると思いますが。