rrtNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第30回が、11日に放送され、関東地区の平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった・・






同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、当時の大河ドラマ史上最低の数字を記録したが、これを更新してしまった。関東地区では初めての5%台。

これで第6回から第30回まで25話連続で1桁の数字となった。


◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0%)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

第27回は7・6%(関西地区7・0%)

第28回は7・8%(関西地区5・1%)

第29回は7・8%(関西地区5・5%)

(source: 日刊スポーツ - NHK「いだてん」大河史上最低を更新5・9%


・いだてん


・受信料を強制的に徴収していて
この視聴率なら、NHKの人間は責任を取らないのだろうか?
観ている人間が少ないのであれば低予算にするなり打ち切るなりするべきではないのか?

・近代以降の大河は成功し難い。特に詳細な記録が存在していて様々な機会で紹介された出来事ほど、よほど上手くドラマ化しないと「コレジャナイ感」ばかりが強まる。ファンタジーとして割り切れる戦国物の方が無難に制作できるし、視聴者側も割り切って観る事で、作品のファンと演者のファンの両方が発生する。坂の上の雲を分割複数年でやったNHKにしてみては、今回の「いだてん」をレギュラー大河で作ってしまったのには理解に苦しむ。

・NHKの大河ドラマの失敗。東京オリンピックを盛り上げのためだと思うが地方は関係無い。こういうところがNHKにボディブローのようにきいてくる。製作はだれのために番組を作るかもう一度考えた方がいい。今の経営陣には無理かもしれない。

・やはり大河は戦国、明治維新の様な
歴史ものが良いのかな。
ビートたけしの落語など
歴史を2つに分けている事も
面白いと思うが大河ドラマには
合わなかったというか視聴者とのズレが
生じた結果だと思う。

・受信料でドラマを作ってこの結果ですからね。
受信料は報道だけに使って欲しいですね。
ドラマ等のバラエティは有料放送にすれば
受信料を大幅に下げられると思うのですが。

・二部になって見なくなった
阿部サダヲのキャラは実物の人そのままらしいが、それなら周りを落ち着いた感じにしないと、周りもドタバタ主人公もドタバタでバランスが悪い

・1話の製作費に5000万円もかかっている大河ドラマでこの視聴率はありえんでしょ。打ち切りを検討すべきでは。


・5分で「いだてん」第30回【黄金狂時代】