77札幌市南区で出没が相次いでいたクマ1頭が14日朝に駆除されました・・






午前6時すぎ、市の職員や警察官らが南区の山中を徘徊(はいかい)していたクマ1頭を見つけ、猟友会のハンターが銃弾3発を発射しました。その後、森の中でクマが死んだのを確認したということです。

連日、住宅街をクマが歩く姿が目撃され、住民の間に不安が広がっていました。札幌市は12日にクマを危険個体と判断し、捕殺する方針を決めていました・・

(source: テレビ朝日系(ANN) - 札幌・南区で連日出没のクマ けさ撃たれ死ぬ


・話題となっている 札幌市に連日出没のクマ



・麻酔→山奥で解放
ではいけなかったのですか?
元々人間が森を切り拓いて入植しているわけで、「人間の村にクマが入って来た」と捉えるのは人間都合ですよね。個人的には「駆除」という表現も人間本位と感じますし、自然は排除ではなく共存するものと認識すべきだと考えるのですが、不可能な理由があれば知りたいです。

・ホッとしました。
何日も何日もこうした危険な状況が続いた背景には、街中での猟銃の扱いについて法の整備不足があったと耳にしています。
今回は幸いのこと人的被害はなかった様子ですが、これを機会に危機管理上の法整備が進みますように。

・自然を壊したのは人間だ!みたいな話も良く
出るけど札幌のこの場所は郊外とは言え
完全に住宅街だからね。
ここまで降りて来られちゃうと仕方がない。

・本当に執着すると窓ガラスを破壊して家屋に侵入しかねない。住民からすると家の中でも安心していられないからね。

・かわいそうだけど
この個体に関しては仕方がない。
追い立てられて山に帰ってくれれば死なずに済んだのに。
連日の出没で人にも犬などの動物に犠牲がなく
被害者には気の毒だけど農作物だけで済んでなにより。

・問題は、頭が狂ってる自然保護団体です。おそらく、苦情を役所に入れるでしょう。でも、ほとんどの人は今回の駆除を支持してます。
役所はどの自然保護団体が騒いでるか公表してほしい。そして、住民の人はその自然保護団体が今回の駆除をいかに妨害したかを監視してほしい。自然保護団体の連中は、自分達がいかに邪魔と思われるかまったく気がついてません。


・札幌・南区で連日出没のクマ けさ撃たれる