ggh英リンカンシャー州クリーソープス在住のアビゲイル・ワードルさん(23)は今年の3月16日、体調が優れないオリバー・エスソープ君(Oliver Aisthorpe)を病院に連れて行った・・





オリバー君は頭の柔らかい泉門部分がへこんでおり、脱水症状を起こして機嫌が悪かった。医師は解熱鎮痛剤を処方し、水分を十分摂って自宅でゆっくりと身体を休めるように指示した。

その翌日、オリバー君は流動食はおろかミルクも口にしなくなり、尿が出なくなった。また抱っこすると全身が痛むのか泣き始め、顔面蒼白で泣く元気すらなくなり、アビゲイルさんは「これは尋常ではない」とすでに診療が終わっている病院へと急いだ。しかしオリバー君の手脚は青紫色に変わり、医師らは小さなオリバー君の身体にいくつものチューブや機械を繋ぎ、薬による昏睡状態に置いた。

「48時間前には笑っていたオリバーに一体何が起こったのか」―医師らでさえもわからない状態で、アビゲイルさんは混乱した。


333


その後、オリバー君は喉から入った細菌が血液中で増殖し敗血症を発症していることが判明した。アビゲイルさんは医師から二度も「覚悟を決めるように」と言われ、一進一退を繰り返すオリバー君のそばで涙を拭う日々が続いた。

それでもオリバー君は何とか命を取り留めた。幸い脳には影響が及ばずに済んだが、血流が滞って手脚が黒く変色し、組織や細胞が死んでしまう壊死が進行していた。医師らはオリバー君の手脚を切断せずに済むよう奮闘していたが、アビゲイルさんは担当医に「オリバーは重い手脚が邪魔で苦しんでいます。母親がこんなことを言うのはおかしいのかもしれませんが、早くオリバーの四肢を切断してやって下さい」と懇願した。

そしてある日、アビゲイルさんと看護師が赤ちゃん用の椅子に寝ていたオリバー君をベッドに移そうと抱き上げた瞬間、オリバー君の黒ずんだ脚がポロリと落ちた・・

・詳細は(source: Techinsight - 敗血症の男児、抱っこ中に腐った脚が千切れ落ちて四肢切断(英)


777


・お母さん若いのに強いな。
自分は目の前でこんな事が起こったら、その場での最良を選べる自信がない。
乗り越えた悲しみ以上の幸せがこの親子に訪れますように。

・状況想像したら涙が出る。でも、当人達が前向きなのにかわいそうなんて言ったら失礼だね。
命が助かって良かった。これからたくさん楽しいことがありますように。

・キリスト教徒はこれを「神の与えた試練」で済ませるんだよな。
俺はこういう記事を見る度に神の不在を確信するけど。

・乙武行ってやれよ。

・ヤブ医者じゃねえかよ。美談みたいにいってるけど赤ちゃんが一番気の毒すぎる。

・この病院、大丈夫なの?
初診を誤ったのはしょうがないのかもしれないけど。
その後の判断もおかしくない?
足がちぎれるまで置いておくなんて。
正直、最初から別の病院だったら、結果は違ったと思う。

・オリバー君をベッドに移そうと抱き上げた瞬間、オリバー君の黒ずんだ脚がポロリと落ちた。その脚は壊死し辛うじて繋がっている状態

↑こんな状態になるまで放置って、周囲の人間は何やってたの?

・なんか、いろいろあり得ない。
こんな最悪な事になる前に病院変えたり、他の人に相談したりできなかったのかな?

・イギリスって医療費無料だけど正直お粗末だかる有料でいいからちゃんとした医療にしたほうがいい気がする。ホームドクターから専門医に紹介受けたときには手遅れが多過ぎな気がする。

・敗血症については書かれてないよね? 敗血症について知って欲しいと、このお母さんは言ってるのに。


・Baby Loses Limbs After Developing Sepsis