55歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった・・





 同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

 幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。


・「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)




 反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。

 注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。

 同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。その突然の告白にファンの間で「Mは“勝人のM”だったのか」「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている・・

(source: スポニチアネックス - キャスティングも注目 あゆ小説 来春連ドラに オファー殺到の中でテレ朝が獲得



・思うのは自由ですが、ダメだこりゃ。
分かってはいたけど、どう見ても
普通にゐたゐたしいお浜さんと
思う方に一票。

・映画とかには、なるかなーと思っていましたが、
ドラマ。なかなか難しいですよね。
松浦さんは、困惑してても結果的にドラマ化もOKしたのならば、やっぱり戦略だったんですよね。

・TOKIO長瀬との恋愛が無かったことになってるな。
エーベックス社長との不倫より、こちらの方が世間は興味があると思うんだが。

・たぶんコケると思う。誰もそこまでこの人にもはや興味はない。テレ朝はよく獲得に乗り出したな。こういうのは一番慎重な局だと思うしだからこそ好調なんですが。

・小説が売れたのは、ただ単に興味本位で買っているだけ。ドラマにまでしなくても...

・これは驚きました。今更と思ってましたが浜崎あゆみさんの影響力の大きさに、またはテレ朝の先見性のなさに^^。

・出版元の幻冬舎オーナーの見城はテレ朝の外部顧問。
早い話が、最初から出来レースだ。

・ドラマを観たいと思う人達がどれぐらいいるのかも疑問だが、テレビ朝日が制作するってのならどっかがスポンサー料払ってCM流すのだろうがそんな会社あるんかいな。
本は読んでないので詳しい内容は分からないが、松浦氏も白々しいコメントしてたけど完全に戦略でやってるんだよなと思ってしまう。

・裏で動いて一儲け企んだのはひょっとしてどちらかと言うと暴露された被害者とされていたMさんの方なんじゃないかな?小説の売出しから話題の上り方、映像化までの流れが早すぎる…