333茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で指名手配中の宮崎文夫容疑者(43)が、過去にも女性とトラブルを起こし、逮捕歴があることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった・・





「宮崎容疑者のお祖父さんは資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごしていました。現在の会社兼自宅となっている大阪市内のマンションに引っ越したのは30年ほど前です。高校は難関進学校に進み、母親もこの頃は『自慢の息子だ』と嬉しそうに話していました」(近隣住民)

 大学も関西の有名私立へと進んだが、社会人になってから徐々に陰りを見せる。

「職場での人間関係がうまくいかず、仕事も辞めてしまい、その後は自動車販売などをやっていたが長く続かなかった。ご近所付き合いもなく、荷降ろしのためにマンション前に駐車する車に対して、大声で罵声を浴びせたりして怖かったのを覚えています。警察沙汰もたびたびあったので、正直、関わらないようにしていました」(同前)

宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。


・宮崎文夫容疑者




「朝方に警察官が何人も家の前に着て、私たちの目の前で『○時○分逮捕』と宣告され、連行されていきました。『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。

 連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前)

 その後も懲りずに警察沙汰を繰り返していたという宮崎容疑者。だが、ここ数年は自身の会社を経営し、神奈川、愛知など、拠点を移していた。宮崎容疑者の贅沢な暮らしぶりを証言する関係者も少なくない。

「親族が亡くなり、多額の遺産が入ったようです。実業家だと名乗り、同窓会にも顔を出すようになりました。初対面の人にも積極的に話しかけるようになって、SNSで『友達申請』を繰り返し、人脈を広げていると聞きました」(宮崎容疑者の同級生)・・

(source: 文春オンライン - “あおり運転殴打”宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か


・宮崎文夫容疑者 過去にタクシー運転手監禁で逮捕か

タクシー運転手を脅して車内に監禁したとして、京都府警南署は21日、監禁容疑で大阪市東住吉区桑津、自称・自営業の40代の男を現行犯逮捕した。男は「監禁したつもりはない。逮捕には納得いかない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は同日午後5時40分ごろから6時ごろにかけ、京都市南区のコンビニエンスストア前の駐車場に停車したタクシー車内で、兵庫県川西市の男性運転手(46)を「降りたら死ぬぞ」などと脅迫。運転手が降車できないよう、不法に監禁したとしている。

 同署によると、男は同日朝、大阪市内でタクシーに乗車。タクシー会社の「朝から客を乗せたままのタクシーと連絡が取れない」との通報を受け、大阪府警がタクシーの行方を探していたという。


・“あおり運転”で手配の男 似た人物を関西で目撃



・やっぱり前があったんですね

・逮捕が楽しみでなりません。
ガラケーオバサンもね!!

・自首されて減刑になるより、逃げまわっているところを捕まえた方が良い。

・世間は長期連休なのによく調べました。

・ハゲてるけど、よく見たら数少ない髪を金髪にしてワックスで尖らせてる。そこまでしてもないものはないんだし、ここまで情報が出回ってんだから、いろんな意味で諦めてほしい。

・過去に逮捕歴、ですか。
日本は犯罪者に甘い司法制度ですから、こいつが捕まって刑期を終えて出てきても、また同じような犯罪を犯すでしょうね。

・文春のほうが警察より優秀と思う。
加害者もだが、警察のシステムが圧倒的におかしいと思う。
ハッキリ言って死亡事故にならなかったのが奇跡。
国家公安委員長批判の木村太郎の言う通り。
トップが報道で初めて知った案件だってさ。


・「暴れ方が異常」“あおり”指名手配の男の人物像