bbn日本時間で8月19日0時頃から開催されたポケモンカード世界大会決勝戦。






ポケカ世界大会決勝戦 とーしん選手にだけ審判が注意 人種差別の可能性


▼今回の騒動の簡単な流れ

・大会通して一定回数ペナルティが貯まるとサイド2枚取られるという規定

・準決勝の相手は最初にめちゃめちゃ長時間デッキ確認してたにもかかわらずノーペナルティ

・海外のルールに目安は80秒程度って記載がある(スロープレイの基準は「80秒程度」という規定)

・前日からとーしんさんだけ厳しい審判

・審判がとーしんさんに何回もいちゃもんをつけてくる

・決勝でとーしんさんに累積ペナルティあった状態で、80秒過ぎてしまったためサイド2枚取られる


・19分20秒頃~



・相手の方が盤面汚いのに、とーしんさんに盤面整理しろと注意してくる(少しズレていると謎の指摘)

・その後もジャッジが何度も何かを注意

・ヘンリー選手の方が遅いのにジャッジはスルー

・決勝の相手ヘンリー選手も苦笑い、チャンピオン決定後とーしんさんに声をかける

・ヘンリー選手もあまり喜んでなかった

・解説「1ゲーム目、ジャッジのペナルティ判定により、2つサイドを失い1ゲーム目を落とすという展開になりました」

・解説「まぁこちらから見ますと、そこまでスローな展開に見えなかったんですけど、ペナルティ判定、まさにイトウシンタロウ選手にとってはワシントンの悲劇と言っていいかもしれません」

・ヘンリー選手は悪くないのに、とーしんvsヘンリー&ジャッジ TAG TEAMとネット上で批判される

・メルカリにジャッジマンが出品され高騰

・両選手はお互いの健闘を讃え合って握手

・世界中の人が判定がおかしいと声を上げはじめている状況