r7爆笑問題の太田光(54)が、「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員(52)の言動を厳しく批判した・・






太田は20日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、マツコ・デラックスのテレビ番組での発言に対する立花氏の抗議行動に「あれは完全に人格否定だし、暴力なんだよ、あいつのやってることは。肉体的な暴力ではなく言葉の暴力」と非難。

立花氏がマツコらテレビ出演者を「スポンサーの犬」などと発言したことについても「当たり前じゃねぇかっていうんだよ、俺から言わせればさ。取引先に気を使わないやつなんてどこにいるんだよ、サラリーマンでもなんでも、メーカーでもなんでもさ」と反論した。


・話題となっている 立花孝志の報道




また、立花氏がマツコ出演番組のスポンサー企業の商品に対する不買運動を展開するも中止したことについて、

「『言い過ぎました』って、言い過ぎましたじゃないんだよ。それをやった時に立花の支持者は本当に買わないようにしたんだよ。でも何日かたって『あれは言いすぎました』っていうのは結局、お前こそが支持者を振り回してんじゃねぇか。お前の言葉の重みのなさが結局、政治家として信用できないだろ、そんなもん」とバッサリ。

「あいつのやってること、ヤクザだからね、どう喝してさ」と私見を述べた・・


・爆笑問題カーボーイ



・これは太田さんによる、立花氏への宣戦布告でしょうか?立花氏は各メディアの自分に対する発言はくまなくチェックしているようなので、当然今回の発言は立花氏の耳に確実に届く事になると思われます。しかし、おとといの立花氏の発言で、太田さんからのディスりだけは応援だと受け止めている、との発言があったので、太田さんとのバトルは避けるのかな。しかし何故太田さんのディスりだけは応援になってしまうのか、とても不思議。

・NHKは何とかしたいが、N国には肩入れしたくないて人が増えてきてると思う。国会議員なら『今は払ってるけど払わないで良いようにしよう』ならわかるが、『前から払ってない』では示しつかないだろ

・この数年、何か勘違いしている人がいるけど、議会に議席を持っている議員が個人に抗議するというのは基本的に「弾圧」に他ならない。
古今東西問わず、そうやって権力を持つ者は、自分に反対する意見を持つ人を封じ込めて来た歴史がある。

・取引先の犬なら取引先がどんな問題を抱えていようと擁護し、反対勢力を批判できない公共電波で非論理的な批判をしてもよいのでしょうか?
公共の電波とゆう最悪の暴力になりうるものを扱っているにもかかわらず自覚があまりにも無さすぎるのではないでしょうか。また放送法に対する意識も低すぎるのではないでしょうか?

・太田さんは煽って立花さんが来るのを待っている。
でも、ここには立花さんは来ない。
そういう嗅覚は抜群だと思う。
良し悪しは別にして。

・立花氏には、いくらNHKのスクランブル化が目的があっても手段は品のあるものにして欲しかった。
不買運動、待ち伏せなど過激な手段で知名度を上げるのではなく、誠実に地道に支持者を広げていく王道を行くべき。

・最近思うのは、言いっ放しのコメンテーターやら評論家ってどうなんだろう?と思う。
放送法に中立・公平とあるんだから、反論がある者は出演させればいいのに。
サンデージャポンに呼んで、討論でもしたら?東京MXも立花出して本人の主張を流せばいいんじゃない?
それを見て有権者が今後も支持する・しないなどを決めればいいし。


・橋下徹弁護士様着手金1000万円で週刊文春を訴える裁判の原告代理人を引き受けて頂けないでしょうか?