ffb企業の健康保険組合で構成する健康保険組合連合会(健保連)は22日、医療機関で処方される市販薬と同じ成分の花粉症治療薬について、医療保険の適用から除外し全額自己負担にすべきだとの提言を取りまとめた・・





 保険財政悪化への対応策と位置付け、最大で年600億円程度の医療費削減効果があると試算。その半面、1~3割の支払いで済んでいた患者の負担は重くなる。

 2020年度診療報酬改定に向け、今秋から本格化する中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)で提起する。

 健保連は16年10月から18年9月までの加入者の医療機関受診状況を分析。市販薬と同一成分の花粉症薬について、保険適用からの除外を1種類に限った場合でも年37億円の医療費削減を見込んだ。提言で、まずは除外範囲を絞って行うべきだと求めた・・

(source: 時事通信 - 花粉症薬、保険適用外に=医療費600億円削減-健保連提言


・サルも花粉症



・アトピーもちです。一番影響うけるのはアトピー持ちじゃないでしょうか
医者の勧めで抗アレルギー薬は1日2錠飲んでるし、保湿剤も風呂上がりに全身に塗ってる生活を10年以上続けてる
それでも症状は一進一退。急に悪化もある。
それを急に全て自己負担なんて金銭的な負担増が大きすぎる。

・医薬品の過剰ばかりが注目されていますが、診療費の点数も高すぎるものがあると思う。診療報酬の見直しも必要ではないか

・例えば湿布薬を安く買いたいというだけの理由でわざわざ病院に行く人、金儲けの為に市販薬で充分なのにわざわざ湿布薬を保険適用で患者に売りつける医療機関などが存在しているのは残念ながら事実だと思う。

・花粉によって身体症状が出ることがわかっているなら因果関係ははっきりしている。
声を大にして言うが、「花粉症は公害!」

毎年春になるたびに多くの国民が、多大な苦痛と金銭的負担を押し付けられてきた。それでも不満は大きな声とはならなかった。しかしながら、もし保険適用外となって、自己の責任でもない病気に対して負担を求められるようになったら、多くの人は立ち上がると思う。

・厳しくする部分が違うと思います。
花粉症で病院に行くような人は本当に困っているのでは?
雑談がてら病院に行って必要ない湿布をもらうような高齢者を何とかしたほうがいいと思いますよ。

また、ニュースを読む限りは適用外になるのはアレグラのような市販薬と同じ成分の花粉症薬だけのようですから、
適用対象になる別の花粉症薬の処方が増えるけに思われます。

・そもそも花粉症患者を増やしたのは、国益の為に杉の木をたくさん植えた日本の政府。結局海外の杉の方が安くなり、国内にたくさん植えた杉を放置。そのおかげで花粉症患者が増えた。その責任をもって、国内にある大量の杉の木を減らして花粉症患者を減らす事を考えてもらいたいです。かなり医療費が下がりますよ。


・花粉症対策 名医がすすめる3ヶ条