bbn近隣住民によれば、約10年前にも女性監禁で警察沙汰を起こしており、以前の勤務先でも年上女性へのストーカー騒動で同様にトラブルとなっていた。元勤務先の上司が語る・・





「彼が22、23歳の頃。事務職の年上の女性を気に入り、定時で仕事が終わったあと、女性の帰り道で待ち伏せしてしつこくつきまとっていたんです。女性は精神的に参ってしまって、彼女から『もう限界で、これ以上は無理です。ただただ怖い』という相談を受けていました。

それで私が宮崎を注意すると、突然逆ギレしだして、『俺は悪くない、生野署へ行く』と声を荒げて本当に生野署へ行ったんですね。どういうわけか私も生野署で取り調べを受けましたよ。生野署のカウンターで、無言で鋭い眼光をしながらこちらを睨みつけていました。仕事も全くする気がないし、女性トラブルを起こす。ほとんど職場放棄状態です。人からの紹介なので多少は我慢していましたが、さすがに半年でクビを言い渡しました」


・常磐道あおり暴行事件




三重県の飲食店でも、「彼女(喜本奈津子容疑者)がやけどをした」と執拗なクレームをつけていたが、更に別の女性を連れて起こした驚愕の奇行が、本誌の取材により明らかになった。冒頭の発言は、宮崎容疑者を接客したスタッフの訴えだ。

昨年10月、場所は、愛知県名古屋市西区の某コンビニ。早朝5時頃、金髪にジャケット姿で立ち寄った宮崎容疑者は、店内を物色した後、突然店員に話しかけてきたという。

「よく話しかけてくるお客さんだな、と思っていたら急に名刺を渡してきたんです。『俺はこういうもんや』と。名刺には、宮崎プロパティマネジメントという会社名が書かれていました。社長なんですね、すごいですねー、というような世間話をしていたら、急に『ふざけるなよ!』とブチ切れ始めたんです。こちらが何か怒らせるようなことをしたわけでもなく、本当に突然です。

そしてお前には責任を取らせると言って、名刺の裏に本名、住所、電話番号を書けと脅し口調で言われたんです。個人情報なので無理です、とこちらが断っても全然引かない。目も血走っていましたし、その時間は僕1人だったので、怖くてどうしようもなくてパニック状態に陥ってしまって……。こちらに非がない状態で、こういう解決策がないタイプのクレームを受けたのも初めてだったので」・・

・詳細は(source: FRIDAY - あおり運転・宮崎容疑者 コンビニでの奇行と高級車で眠り続ける女





・サイコパスなんだな…これをきっかけに暫く刑務所に入れた方が世の為

・警察に通報した方が良かったと思います

・薬物反応ありそうな気がします

・常磐道の被害とドラレコがあったからこそ、
警察は大きな事件として動いたのであって、
その他諸々の件で通報しても、
警察はとりあってくれないし、
逮捕、送検しても軽微な罪とみなされて
終わり、繰り返されたのだろう。

・精神鑑定で無罪なんてことにならないでほしい

・子供がそのまま大人になっちゃった感じだね。
確か母親もクレーマーだったんだよな。母親の真似事をする子供の図かな。

・元々犯罪を犯すベースはあって、今回の件が悪質かつ証拠も揃っていたという事でしょう。
今回の逮捕で考え方を改めればいいのですが、人間は中々変わらないですから。
社会に出ても迷惑なだけですので、出来るだけ長い実刑を望みます。

・今の法律では軽微な犯罪としか扱えないの現状ですね。それをわかってて暴挙に出ているのかもね。この事件後、他のあおり運転のドラレコ画像が沢山ネットとでアップされてますが、刑事事件にならないケースが多く、晒された相手も武勇伝としとて楽しむ結果となってるのでは?


・両容疑者の自宅を捜索・・・女は当時の行動を詳しく供述(19/08/23)