gtt米ニューヨーク州に住むデビー・ゲッデスさん(Debbie Geddes)は今月中旬にプラッツバーグまで足を運び、カナダとアメリカの国境にまたがるシャンプレーン湖で釣りを楽しんだ。そこでデビーさんは釣り糸に手ごたえのある引きを感じた・・





心躍らせながらリールを巻いたが、デビーさんは釣り上げた魚を見て驚いてしまったという。それはレイクトラウトという主に北アメリカ北部に分布するイワナの一種だが、なんと口が2つあったのだ。正確に言うと本来の口とは別に口のような穴が開いているのだが、デビーさんは当時のことをこのように振り返っている。

「この魚が釣り針にかかった時、大物が食いついた感触がありました。大物だったらいいなと思いつつ、釣り上げた瞬間は自分の目を信じることができませんでした。口が2つあるんですよ! でもこの魚はいたって健康そうに見えました。」


・ニュース映像



シャンプレーン湖は米バーモント州とカナダのケベック州からの下水道が流れ着く湖であるため、水質汚染による奇形ではないかと示唆する人もいた。生物学者を名乗る人物は「それは奇形だと思います。何かのせいで異常が起きたのでは?」とコメントし、他にも「きっと奇形だよ。そこの湖の魚は食べられないね」といった声も見受けられた。

ちなみにシャンプレーン湖は、北米版ネッシーとも呼ばれる「チャンプ」という未確認の水棲生物が発見されたことでも知られている。今回の2つの口を持つレイクトラウトと関連性が無いとは言い切れないかもしれない・・

(source: Techinsight - 湖で釣った「2つの口を持つ魚」が物議醸す(米)


・ニュース映像



・トラウト、イワナか…仲間のニジマスだとけっこう奇形出やすい。
2倍体もある意味奇形だけど珍重されて人工的に増やされたりもしている。
件の奴はどうかわからんけど、やっぱり奇形だと思う。

・魚って沢山卵産むけどほとんどが奇形
だから沢山産む
金魚も小さな内は解らないけど、金魚すくいの稚魚がすぐ亡くなるのはそれもある

・昔も奇形はいただろ?
こうやってネットですぐ露呈するようになったから騒いでるだけじゃないのか?

・二口魚「うわ、この人間口が一個たらひん。」

・福島原発事故の汚染で、今後この様な海産物が増えて捕獲禁止になるから。
日本政府は世界中から嫌われる。

・東京湾なら2と言わず数十個も口のある魚がいそう

・俺も奇形の天然ブリを釣ったことありますよ。養殖でしたら尚割合多いかと...

・自分も奇形のフナを釣った事がある。顔がヒラメみたいになってて気持ち悪かった。

・魚が上下に暴れてるのを写真撮ったら残像で2つ口に見え、コレはバズると思って投稿し、バレないように放流
と見た

・工場排水垂れ流し
海底ヘドロだらけの頃でも
奇形なんてべつに多くは無かったと思う

・これが岩魚種で両方口なら、どちらにも歯があるのでは?
下のやつに歯がなければ裂けたという可能性高いのでは?


・ニュース映像