fre高須クリニックの高須克弥院長(74)と、NHKから国民を守る党(N国)代表の立花孝志参院議員(52)が24日午後、ニコニコ生放送で討論した・・





 高須氏のツイートを一時ブロックしたことについては「変なことを言っているなって人はブロックしているだけ」と説明。
N国に投票した有権者に対して、「5時に夢中!」で「ふざけて入れた人も相当いると思う」と述べたマツコに対しても、「合理的な理由がないのに、一個人の意見を公共の電波を使って言っている」と重ねて抗議。
「今回は有権者がバカにされている。公共の電波を使って。政治家としてバカにされた有権者の先頭に立っている」と立場を主張した。

 高須院長は、元衆院議員の東国原英夫や「爆笑問題」の太田光もマツコと同じような意見をメディアを通じて発信したと指摘。マツコだけをターゲットにする立花氏に対して、「あんまりクリーンなやり方じゃない。東国原さんや太田光さんを相手にしない」と不満をぶつけた。




 東国原や太田について、立花氏は「(マツコほど)数字がないから」と出演番組の視聴率など、一般的な支持数の差を強調。「数字を持ってない人とイチイチやっている時間はない」と、マツコを相手にしている理由を説明した。

 高須院長が「なんで爆笑問題はダメなんですか?」と問いかけると、「だって数字持ってないじゃないですか」と即答。それでいて「太田光さんの芸風には愛情を感じている」と、ファンであることを付け加えた。

 高須院長は、過去にTOKYO MXの番組スポンサーになったことがあり、撤退した経緯も詳述。この時に謝罪するなど熱心に対応してくれたマツコに好意を持った。今回の騒動では「マツコさんは叩かれている」とみており、「弱くて叩かれている人を助けるのが僕の本能」と立花氏に意見を述べたくなったという。




 1時間半の舌戦。この討論会に対して「どちらの意見にうなずけますか?」とニコ動側が集計したところ、高須院長支持は10・8%に対して、立花氏は73%で、どちらでもないは16・2%だった。

 それでも高須院長は「友達が攻撃されていると助けないと。どこかで借りを返さないとと思っていたので、借りを返せたかな」と話した。

 一方、立花氏は自身を「権力者」としたうえで「権力者に一民間人の方がこうして立ち向かってきてくれた」と高須院長を評価。「数字を持っている人ならば」を条件に、こうした討論は歓迎する姿勢を見せ、太田にも呼び掛けた。

 また、「5時に夢中!」にも出演して反論の機会を求めており、「回答がなければBPO(放送倫理・番組向上機構)に問題を提起し、ダメなら総務省に行き、それでもラチがあかないなら提訴する」とした・・

(source: スポニチアネックス - N国・立花代表が高須院長と舌戦 マツコ以外を相手にしないのは「数字がないから」




・太田さんは別にして東国原さんが数字持ってないのは高須院長も同意してたな。

・目的の為なら手段を選ばない。
当然賛否はあるでしょう。
個人的には、節度のない人間は嫌い。

・合理的な理由なんて、N国にだってないと思うけどな。
太田批判しないのはファンというか、連携を模索する橋下氏の所属事務所トップだから。
自己都合的な合理性でしか物事を考えてない。
じゃなきゃ、公共の概念がないか、ドコかおかしい。

・なんかこの立花って人話しても無駄な人じゃない?
だってマツコは視聴率持ってるから攻撃する
太田は視聴率持ってないから攻撃しない
自分をに対して変な事を言ってるなと思う人はブロック
要するにマツコを叩くのは自分の利益になるからって言っちゃってるんでしょ。
それって、立花の個人的な論理であって
公共性は全くない。

・立花氏は「有権者を守るため」にマツコと戦う姿勢を示してたのかと思ったら、単に話題になる人に楯突いて注目を浴びようとしてただけなのか。
行動力はあるのかもしれないけど、そのやり方にはどうも賛同できないな。

・結局、正義でも何でもなく、単なる手段に過ぎないんだよね。
マツコは単なるダシ。
それを無意味な理論武装でもっともらしく見せただけ。
しかし、そういうのは気が付かれずにやるから意味があるわけで、気が付かれた時点で終わりなんだけれどね。
扇動政治家は扇動政治家である事を気が付かれたらそこでアウトなんだよ。

・どっちが正しいかは置いといて、 TV側にも絶大な影響があるのは事実やから、この様にどんどん議論していって視聴者含め全員が共有していくのは良い事やと思う。視聴率も上がるし、観てる側も楽しめるし全員が得するのでは。 TV側の都合の悪い事を放送しないのだけは自分も不満に感じる。


・高須克弥・立花孝志 討論会(司会・フィフィ)2019/08/24