gh『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)における『24時間駅伝』。今年は、4人がタスキをつなぐ駅伝方式で行われ、25日午前2時10分に第1走者のハリセンボン・近藤春菜(36)が32.195キロを5時間41分2秒で走破し、ガンバレルーヤのよしこ(28)へたすきを渡した・・





第2走者・よしこ、相方・箕輪はるからが待ち受けるなか、感極まった表情で走りきった近藤。激励の言葉と共にたすきを繋ぐと、涙を流しながら抱擁。

その後は『スッキリ』で共演している阿部祐二リポーターからインタビューを受ける形で「10キロ以上は未知の世界だったので、15キロを過ぎてから体がしんどかった。でも最後は、よっちゃんが待ってると思ったら走れました」と満身創痍になりながら振り返った。




「沿道の皆さんの応援だったり、久しぶりに会う同級生も来て、当時のあだ名で呼ばれてびっくりしました。いろんな方の支えで走れました」と感慨深く回顧。

疲労の色も濃かったが、メインパーソナリティの嵐・二宮和也の「今のお気持ちはどうでしょう、角野(卓造)さん?」というフリには「角野卓造じゃねーよ!」と即対応。一方で「途中、沿道の方に振ってもらっても無視しちゃいました…」と懺悔(ざんげ)して笑わせていた。

(source: オリコン - 『24時間駅伝』近藤春菜→よしこ たすきリレーで“涙の抱擁”