345データサイエンティストのNeil Kaye氏がTwitter上で、実際の陸地サイズと地図上の大きさを比較した画像を掲載。その落差が話題になっています・・






色の濃い部分が、該当箇所の実際の面積を表しています。これを見ると、赤道から離れた地域ほど地図上のサイズと実際の面積が乖離していることがわかります。

ここで、最近トランプ大統領が買収を目論んでいると話題のグリーンランドを見てみましょう。どう見てもデカすぎですね。島なのにアフリカ大陸と同じくらいの大きさをしています。




これは何もデンマークが盛っているわけではありません。売り物じゃないし当然です。ロシアはやりかねないという気もしますが、もちろんそんなことはありません。

こうした地図の問題は、地球が球体であることが原因です・・

・詳細は(source: ナゾロジー - 地図はウソだらけ!? メルカトル図法と非ユークリッド幾何学の「歪んだ関係」が話題