dvgh『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、目隠し状態で気配だけを頼りに敵を叩く「気配切り」の企画を放送。生放送には向かない内容に、松本潤が「生でやるもんじゃなかったですね」と苦笑する一幕があった・・





気配を察して相手を叩くということもあってスタジオは静まり返るのだが、平成ノブシコブシの吉村崇は「ほぼ放送事故なんじゃないかっていうくらい静かになりますんで…」と笑いを誘う。

目隠しということもあって対決がスムーズにいかず、なかなか勝負が決まらない場面も。




そして、田中と横浜が戦う決勝戦では決着がつかず、吉村が「終わらねーよ!」とツッコミを入れたところで放送時間の関係で試合が終了。

企画を振り返り、松本は「生でやるもんじゃなかったですね」と苦笑して、次のコーナーへと切り替わった。

決着がつかないというまさかの結末に、ネット上では爆笑の声が続出。「放送事故感すごい」「生放送に向いてない」といったコメントがあがった。

(source: しらべぇ - 『24時間テレビ』嵐の対決企画にネット騒然 「完全に放送事故」