fggtr「正直臭いです。トイレのような臭さ......」8月11日、東京・お台場海浜公園で行なわれたオープンウォータースイミングの五輪テスト大会に出場した選手が漏らした言葉だ・・





さらに、17日のパラトライアスロンのテスト大会では、前日の水質検査で大腸菌の数値が国際トライアスロン連合が定める基準値の上限の2倍を超えたため、スイムが中止。

騒動の最中、本誌記者は現地を訪れた。通常は遊泳禁止だが、水質改善をアピールする港区主催のイベントが開催中で、一部が開放されていた。


・東京五輪会場




時折、風に乗ったトイレ臭が鼻をくすぐる。目を見張ったのは、オレンジ色のブイで区切られた遊泳エリアのすぐ外側に堆積した、謎の黄色い泡だ。同イベントのスタッフに聞くと、「プランクトンの死骸が溜まったもので、無害」というが、不気味極まりない。

東京の下水処理問題に取り組む港区議会議員は、「雨量が一定量を超えると未浄化の汚水が海に放流される」と明かす。この海で世界各国の選手をオモテナシしていいのか?。

(source: 週プレNEWS - 「トイレ臭い」東京五輪会場のお台場の海に"茶色"の泡が出現!


・競技実施予定エリアのすぐ近くに、謎の茶色の泡が堆積していた


・実情は分からないが、開催したいが為に嘘をつくのだけは絶対にやってはいけない。
浄化と並行して代替施設の確保も進めるべき。
アスリートファーストで!!

・元々の水質が悪く天候によって水質が安定しない場所に対して、一時的な対策を施してもイタチごっことなって、いずれ対策の対策が必要になるのでは無いでしょうか?。

・トイレ臭いというんだからプランクトンでは無いでしょ、明らかに言い逃れです、そもそも1000万人のトイレが完全に浄化できていないのでしょう、排出の基準が有っても忖度され続けた結果と言えるかもしれません、最近急増のタワーマンション等の排水処理が追い付いていない可能性が有ります、今後は莫大な予算で処理場を再整備しなければ基準をクリアー出来ないでしょうが、その為には都民に下水道料金の上乗せが必至となりますね。

・内容薄いが、写真見ただけで入りたくはなくなるな。腹壊しそう

・暑さだけじゃなく、汚染って。。。
大丈夫なの?チケット抽選はずれた時点で興味ほとんどなくなったけど。

・今からでも遅くないので、場所の変更を検討した方が良いと思います。
こんな汚い海で競技を行うなんて、選手は気の毒過ぎます。

・ウインドサーファーだった親父の話だと、30年くらい前は、この辺りでウインドサーフィンが出来たらしい。
当時は臭くなかったけど、お台場の開発が始まった頃から風も吹かなくなり、海水は急激に濁りだしたらしい。

・東京23区内が宅地の雨水と汚水・雑排水を合流して流しているため、
大雨が降ると下水処理場のキャパを超えてしまうため、その時は未処理で放流してしまう。これがいけない。あと1年の期間にできるだけ、雨水と排水を分流にしてもらいたい。


・【ひろゆき】大腸菌まみれの海で水泳…東京オリンピックがヤバ過ぎる