477全日本テコンドー協会が行う国内強化合宿に、大多数の選手が不参加を表明していることがわかった・・






近年、日本代表の活動に不手際が続き、強化指定選手らが同協会に意見書を出したものの回答がないまま招集されていた。選手たちの不信感が表面化した形だ。

合宿は東京都内で17日から25日まで予定され、東京オリンピック(五輪)をめざす男女の強化指定選手ら計23人が今月2日に招集された。だが、関係者によると約20人が「不参加」の意向を表明したという。

選手たちの声をまとめている男子80キロ級の江畑秀範(スチールエンジ)は「意見書への回答がなく、具体的な改善策がみえないのに、合宿を強行されても練習の意思を示すのは難しい」と話す。・・

(source: 朝日新聞デジタル - テコンドー代表合宿、大量ボイコットへ 協会側へ不信感


・江畑秀範選手



・そもそもテコンドー自体オリンピックに不必要かと思うのですが

・こういう協会は見えないところで、利権が良く発生している。長い間、色々な不正があるのは明らかで、選手ファーストでは全くない。早い総入れ替えを望みます。

・公式HPやwiki見てもどういう組織なのか全くわからなかったが不適切な会計で公社格取り消されたりとかまともでないことはわかった。

・なぜテコンドーがオリンピック競技なのか?

・「不手際」の内容を国民に知らせるのがマスコミの役割だろう。一方の当事者の不満だけ垂れ流したって無意味。

・あの国は面倒くさいので、オリンピックは中止になったとのメールを送っておいたら?

・オリンピックのたんびに、その国の競技が増えるのもおかしい。
4年に1度でも、何種目も増える。原点に戻るべき。
また、アメリカのスポンサーが開催日、時間を決めることも迷惑である。オリンピックも必要ないのでは。毎年世界大会を開催しているのだから、利権の温床である。東京も終われば逮捕者が出るかもね。

・以前のような、黙って指導者に従うような選手はいない。選手も、ずいぶん主体的になってきている。これはとても良いことなのだけれど、指導者側は旧態然としていて、黙って言うことに従え的な考えでいる。軋轢が生じても不思議はない。でも、協会は変わらない。何故なら、そこには隠れた権力闘争や利権の奪い合いがあるから。体操といい、ボクシングといい、レスリングといい、日本のスポーツ団体は、全くトホホだね。

・先日のオリンピックの2次抽選申し込みで残ってたのはテコンドーだけだったな。