rt〈沖縄の保育士のリアルな給料 自分は保育経験トータルで7年目12万6千354円(笑)〉。6月、県内の認可保育園で正職員として働く女性保育士のツイートがインターネットで話題を呼んだ・・






 ◆タブーな質問

 〈生活できません! 給料あげてよ〉〈#保育士辞めたい #私定時で帰ります #仕事辞めたい〉

 女性保育士のツイートには、県内保育士から多くの同調の声が寄せられた。

 「彼女一人の問題じゃない。生涯の仕事として、保育士を続けづらい環境があると思う」。ツイートに対し危機感を口にするのは、沖縄市内の認可園で働く男性保育士の通称みっちーせんせい(24)=本名非公表=だ。

 ツイッターを中心に県内外で保育士仲間の輪を広げ、ツイートした女性を含めて悩みを抱える保育士の相談に乗っている。7月にはツイッターでアンケートも実施した。

 〈この質問はタブーだと思いますが、10月の幼児教育・保育の無償化に掛かるお金の使い道はどれが優先だと考える? 〉

 集まった4310票のうち「保育士の処遇改善」を選んだのは79%。「無償化」8%や「保育施設増設」10%を大きく上回った。

 タブーと前置きしたのは、預かる子どもたちのことを最優先に考える保育士が「無償化より自分の給料を上げて」と言いづらいだろうと考えたから。それでも今、保育に携わる当事者が声を上げる必要性を強く感じている。


・保育経験トータルで7年目 12万6千354円


 ◆専門性の高さ伝わらず

 〈保育士辛かったら辞めていい。俺も1回保育士辞めてる。俺は俺みたいな人をもう見たくない。だから保育にまた戻ってきた〉。勤務する認可園の応援を受け活動するみっちーせんせい(24)の発言の場はツイッターだ。保育士5年目。別の園を1度辞めた経験も踏まえ、思いを等身大の言葉でつづる。

 「子どもの命を預かり、成長を促す専門性の高さが社会に伝わっていないと感じる」。国基準に基づく保育士の給与等級では、勤続35年目でも手取りは月20万円を少し上回る額にとどまることも。仕事を続けながら子育てする未来は想像し難いと感じている。

 保育士の仕事はきつい。シフト制の9時間勤務で、1時間の休憩を園児の昼寝時間に充てる園も少なくない。翌日の保育準備を自宅に持ち帰る先輩の姿も多数見てきた。

 しかし周囲を見渡すと手取りが月15万円を下回る保育士は多い。一方で専門学校などで保育士の資格取得に要する費用は約250万円に上り、就職後、生活費捻出や奨学金返済に苦しむ若手保育士も目立つ・・

(source: 沖縄タイムス - 「給料上げてよ」ある保育士の悲痛な叫び 7年目で手取り12万円のリアル


・給与明細 保育士の8年目の給料



・時短で契約社員の私より給料低いのはひどいとしか言いようがない。働いていて子どもを預ける人々は、保育士さん達には感謝しかありません。

試験を突破しても、離職する人が多いのも給料のせいでは?
国は何を考えての無償化なのだろう。

・本当にその通りだと思う。
保育士として働き、子どもが生まれてからは専業主婦。
三人の子育て中。
正直無償化より先にするべきことがあるんじゃないの?

・その昔、看護[婦]も地位向上のため運動してましたよね。その頃の私は子供でしたが、今では考えられないような低い扱いだったと記憶しています。
自分は福祉分野の下っぱですが、専門性の高さと過酷さに反する処遇の低さは日々感じています。

・昔保育士やってたが 安すぎ 仕事量との割も合わず 退職。
もうやりたくないと、誰でもできるような事務の仕事に就いたが、初任給ですでに保育士の上を行っていた。
16年経ち そこそこ。そのまま続けていても、数万しか上がってないのかと思うと決断してよかった。
自分はやりがいだけでは気持ちが持たなかった。

・私は茨城県ですが10年以上働いて交通費含めて手取り14万です。
行事で休日出勤もあるし夜遅くまで準備などしても、休日手当や残業代などはありません。
本当に年収少なすぎで家のローンも通せません…


・保育士のホンネ