bhh俳優・大泉洋(46)主演のTBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜・後9時)の最終回が15日、放送され、大泉が演じる君嶋隼人の熱い言葉がネット上で反響を呼んだ・・





 君嶋がGMを務めるラグビーチーム・アストロズが、リーグ優勝を懸け最終戦で宿敵・サイクロンズと全勝対決に挑んだ。

 試合直前、君嶋が円陣に混じり選手に「君たちに出会った頃、私はラグビーなんて大っ嫌いだった。君たちがどうしてこんな泥臭いスポーツに夢中になるのか、正直全く分からなかった」と語り始めた。


・ノーサイド・ゲーム


 何度も逆境を乗り越え「だが、君たちは私にラグビーの素晴らしさを教えてくれた。人生の素晴らしさを教えてくれた」と選手へ感謝の言葉を述べ、「君たちに出会えて良かった。アストロズに出会えて良かった。私はラグビーが大好きだ」と熱く語った。

 最後に「君たちのラグビーを見せてくれ。そして勝ってくれ! 今日、ここで君たちと最初に出会った時の誓いを果たそう。優勝だー!」とゲキを飛ばした。

 君嶋の言葉にネット上は「本物の涙が流れてる。本当の絆が生まれてるんだな。熱い」「くしょう君嶋…泣かせるじゃねえか」「だめだ、もう涙とまらん」「君嶋GM、最高にカッコいいねぇ」など感動の声が寄せられた・・

(source: スポーツ報知 - 最終回「ノーサイド・ゲーム」大泉洋の感動スピーチに「もう涙とまらん」「最高にカッコいい」など反響



・最終回だったから、サイクロンズとの優勝決定戦は勝つだろうと思ってた。結果その通りになって、結果は分かってたはずなのに、こんなに感動と興奮するとは思わなかった。浜畑の最後の覚悟にも感動したし、試合後の選手同士のノーサイドの精神と監督同士のノーサイドの精神にも感動しました。素晴らしい最終回でした!

・君嶋の試合前のスピーチも良かったし、浜畑が引退を告げるシーン、そして最後に身を呈して七尾に繋ぐプレーが心に響きました。
これが最終回だなんて…もっとアストロズを応援したいです!

・回を重ねて観ていくうちにラグビーのルールが少しずつ分かってきて楽しくなって来ました。演技陣も素晴らしかったですね。二世俳優もベテラン俳優もいい味を出してました。また視たいリストに加えます。

・実際にラグビーは、試合前の円陣で涙を流しながら鼓舞するが、まさにドラマで現実味を出し、そして試合終了後にノーサイドの意味を教えくれた。試合が終われば敵味方関係なく、お互いを労い称え合うのがラガーマン精神。素晴らしいドラマだった。贅沢を言わせて貰うとseason2、映画化して欲しいとも思う。

・最終回は最高だった。
ドラマ制作陣の熱い思いを感じた。これほどの作品をよく作ったもんだ。
サイクロンズとアストロズが、健闘しあっていたのが良かったし、
サイクロンズの監督もなんだかんだで本当に良い監督で、サイクロンズが本当に強いチームに見えたのも良かった。
唯一、ラグビー協会の会長の独裁体制の描写が少なくて、一気にクビにされていたのが唐突過ぎたけど、そこは時間内に描ききれなかったんだろうね。

・今までの池井戸作品に比べると、若干内容に単純な気がしますが、役者の演技が最高でした。観るドラマとしては最高でした。

・面白いドラマでしたが、それだけに2話分の時間を増やして、ラグビーも風間商事案件も時間をかけて掘り下げてほしかった思いもあります。
TBSの都合なんでしょうけど。
浜畑の最後の走り一つにしても、タックルしたサイクロンズ選手は次のシーンではいなくなっているし、いろいろご都合はありましたが、熱いドラマでありラグビーを知るきっかけになりました。