ghh番組MCの坂上忍が100万円を自腹で内山に投資、芸能人パワーを使わずに、1ヶ月に亘り飲食店経営に挑戦し黒字となるかを検証するのが同企画の主旨・・





予算や日数の関係もあり、キッチンカーでたこ焼きサイズの肉巻きおにぎり・ポークライスボールを販売することを前回放送で内山が決定している。

そこに至るまでも深く考えず適当に資金を投じ、必要のないユニフォームなども準備するなど、予算を使いまくる。さらに手間をかけずに「楽に経営しよう」とする姿も見られていた。


・坂上&指原のつぶれない店


初日から売り上げが芳しくなかった内山はすぐに売り子を務め呼び込みを開始、写真撮影と引き換えに商品を売りまくる芸能人パワーを全開に。ルール違反だが、この策が講じ1週間は予定していた以上の売り上げを記録、調子に乗る姿が映し出されていく。

しかし、そこから内山のテレビ出演などが重なり、現場に顔を出せなくなると売上が低迷。ストレスから内山の本性が明らかとなっていく。

内山は「しんどい」「やるんじゃなかった」と愚痴を零しはじめ、バイトで雇った後輩芸人2人に八つ当たりのように厳しく指導。自分は何もせずに後輩にだけ働かせていたため、マネージャーが注意すると「うるせーなコノヤロー。ぶっ飛ばすぞテメー」と罵声を浴びせる始末。

反省会では酒に酔った内山が「売れよ」「何やってるの?」と後輩に説教。内山の芸能人パワーを当てにしていることに「なにが腹立つって、全部オレ頼りじゃん」と見当違いの怒りをぶつけだす。




これをモニタリングしていた指原莉乃は「(内山頼りになるのは)そりゃそう」、長嶋一茂は「だって内山くんの案件だよ」、ヒロミは「従業員にコレを言ったらダメ」と呆れ果てた。

説教に大号泣する後輩と話し合いを重ね、「もう1回チャンスをくれ」とやる気を出した内山。その後も、芸能人パワー全開で右肩上がりに売り上げを伸ばしていく。

最終的に総投資143万1,950円に対し、売り上げは146万6,100円で3万4,150円の黒字。しかし、後輩のバイト代34万6,720円を引き、坂上には約65万円が戻ってくることになった。

芸能人パワーを使ったとはいえ、初月から黒字に転じたのはさすがとしか言いようがない。しかし、視聴者は何よりも内山の後輩やマネージャーへの態度に、厳しい意見を発している。

(source: しらべぇ - 「ぶっ飛ばすぞテメー」 内山信二、後輩・マネージャーにパワハラで非難殺到


hh