bhh石原さとみ(32)主演のドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」(TBS系)が振るわない。平均視聴率1ケタ台での着地が確実だ。放送前に「とんでもなく神回」と事前に興味を煽った第8話が、最低の7・5%を記録するなど空回り・・





「レストランを舞台にしたドラマは竹内結子の『ランチの女王』、松本幸四郎と山口智子の『王様のレストラン』など数字が取れるドラマが多い。今回の低視聴率は過剰な演出と石原のキャラのマンネリ化に原因がある」(ドラマウォッチャー)

特に昨年主演を務めたばかりの「高嶺の花」(日テレ系)と設定が被るようで、

「可愛くて高飛車で傍若無人というキャラがほとんど一緒。それより前の『アンナチュラル』で演じた法医解剖医などの意外性の方が視聴者に受けていたし、視聴率も良かっただけに勿体ない」(同)


・Heaven? ~ご苦楽レストラン~



 さらに傷口が深くなるようなことが起こると予言するのは、TBS関係者だ。

「次クールには、同じTBSで木村拓哉主演のレストランを舞台にしたドラマ『グランメゾン東京』が控えている。こちらは『半沢直樹』はじめ池井戸原作を多く手掛けてきた伊與田英徳プロデューサーが担当し、視聴率も見込める。より、『Heaven?』の失敗が際立つでしょう」

 そうなれば、石原の活躍の場所は自ずとドラマから離れるわけで、

「CMやオリンピック業務に集中することになりますね。石原は聖火リレーの公式アンバサダーも務めている。CMも今年だけで6本と盤石な地位を築いています。CMは引き続き出るけど、やりたい仕事だけに活動の場を絞ることも考えられます」(広告代理店関係者)・・

(source: デイリー新潮 - 石原さとみの主演ドラマが低視聴率の原因は「キャラのマンネリ化」





・今回のドラマ、最終回の展開が最悪でした。
何がいいたかったのかさっぱりわからないドラマでした
舘ひろしの回想が気にはなっていましたが、大したことなくて残念
石原さとみさんが悪いのではなく脚本だと思いました

・石原さとみは、いつも同じでギャ~ギャ~喚いている感じが苦手。
このドラマも始めのうちは見ていたけど、途中で止めちゃった。
けど、視聴率って、主演が誰かというよりも脚本の良し悪しの影響が大きいと思う。

・若手の頃は、若い割には演技が上手いという評価があり、若くして舞台の座長を務めたりもしていた。しかし、その頃に獲得したスキルに頼り、伸び代が少ない印象。対照的に、若い頃はそれほど演技の評価が高くなかった綾瀬はるかは伸びた。

・原作が大好きなのでとりあえず第1話を録画して見ようとしましたが、途中であまりの不自然さに耐えきれず視聴中断。
それ以降、たまにちらっと見ましたがやはり無理でした。
そもそも原作が地味なのです。大きなドラマがあるわけではなく、主人公の思いつきだけで営業していくレストランとオーナーに振り回される従業員のやりとりがなんとなーく面白い話。
特に伊賀君は地味でなんぼのキャラクターなのに、まさかの超イケメン。無理でしょう・・・。
あの原作を実写化なら、上手い俳優でキャラクターを濃く作って深夜放送ならありえるかもしれませんが。

・可愛いだけの石原さとみを見るには
中身の無いコミカルなドラマでも良いけど 
豪華な役者で中身のあるドラマを見せたいなら 
石原さとみではダメ。 
ミスキャストになってしまう。

・視聴率を俳優の責任にしているのはおかしいでしょ。 俳優さんは与えられた台本通りに演じているだけ。 監督がその演技にOKを出している以上俳優さんになんの責任もありません。 視聴率低迷は脚本に惹きつける魅力がなかっただけです。  その脚本をドラマ化することを決めたTBSの上層部に責任があります。 


・グランメゾン東京