hn「今年度、高視聴率が望める最後のキラーコンテンツだと期待していたんですが、結果は大惨敗でした……」 肩を落として話すのはフジテレビのスポーツ局の関係者・・






彼が嘆いているのは、5日に行われた「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」の日本対アメリカ戦の視聴率。フジの独占生中継で、局を挙げて広報にも力を入れていたにもかかわらず、平均視聴率は8・1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)と1桁台に沈んだ。

「日本代表チームが13年ぶりにW杯出場を決め、FIBA世界ランキング1位で、スター選手がズラリと揃うアメリカと対決するのは実に47年ぶりのことでした。15%超えはカタいと密かに期待していたんです。しかも、今年は日本人で初めてNBAのドラフト1巡目で指名された八村塁選手(21=ウィザーズ)や渡辺雄太選手(24=グリズリーズ)も日本チームとして参戦する。まさに注目の一戦だったんです」(前出の関係者)


・八村塁選手



・渡辺雄太選手



しかしながら、同日、日本テレビで放送された「サッカー・キリンチャレンジカップ・パラグアイ戦」(平均視聴率11・7%)にも惨敗。同時間帯のキー局ではほぼ最下位の結果だった。

「8月25日~9月1日にかけて行われた『世界柔道』も視聴率は4~10%とイマイチの結果でした。ここまで来たら、なにかウチは神がかり的に数字から見放されているような気がしてなりません」(編成関係者)

 そもそもフジがバスケットの放送に興味を持ったのはこんな背景がある。

「世間で“Bリーグ”が認知され、八村選手や渡辺選手らの活躍で『AKATSUKI FIVE(アカツキファイブ)』の異名を誇る日本代表チームの人気も出てきた。日本にもバスケットブームが到来したとジャッジしたんです」(スポーツ局関係者)・・

(source: 日刊ゲンダイDIGITAL - 八村効果もなく…フジ独占「バスケW杯」生中継大惨敗のウラ事情



・チームが弱い、大惨敗、視聴率が低い。まずはチームが強くなることだって?正直の話このチームは恐らく21世紀以来一番強いバスケ日本代表。アメリカ戦で惨敗したからがっかり、W杯でほぼビリだからって、これが今の実力だし、まだまだ若いこの日本代表に希望を持たなければ。まだ最初の一歩を踏み出したところで弱くない?と言って、視聴率微妙だから放送するのやめるとかになって、このチームも成長できないだろう。

・タイムアウトはほとんどCMだったのが残念。
流れがどちらかのチームに傾きかけた時にタイムアウトは取るから、そのタイミングでCMに入られると一気に冷める。
選手やコーチのコミュニケーションを映したりチアのパフォーマンスを流すことでもっと臨場感は出せると思うけどな。
サッカーと同じようにハーフタイムだけCMに出来ないのかな。

・競技者としてはこれほど面白いスポーツは無いと思うが
画面で見ると俯瞰で見る分迫力に欠けるのは否めない。
ちょこまか動いているように見えても、フロアレベルで見てもらえればBリーグですら迫力に圧倒されるほど激しいスポーツなのに非常にもったいないと常々考える。
ればと期待したい。

・八村の知名度はあるし、八村前よりは確実に認知度は上がってる。
8パー取れたら上出来では?
それより世界柔道の数字の方を心配した方が
前はそこそこ数字取れるコンテンツだった

・米国以外とは、なんとか試合を作れていた。
これは八村効果だろう。今までの日本なら1Qで実力差が現れ、ダブルスコアで負けていたのだから。
スポーツ中継は自国や応援するチームが強くないと視聴率にはつながらないという、当たり前の結果が出ただけ。

・そもそもコアなファンは地上波で観戦などしない。
地上波などの放送など無くても、常に視聴できる環境を持っている。

・元々Bリーグの放送権をフジテレビ系が持っていたからワールドカップも中継権を取ったのだと思うけど、八村一人ではどうなるものでもないのだろうな。

・なにもアメリカ戦を放送するなんて一番やっちゃならない選択だよね。
あまりにも世界との差があらわになったからバスケをしてる子供たちにもショックを与えたかもね。実力といえば実力だけど日本人バスケのレベルの低さを再認識させられた試合だったし大会だったね。

・いうほど日本人がバスケに興味がないだけでは。
ただ視聴率がほしいならアニメのスラムダンクでも放送した方がいいと思う。


・【FIBA W杯 WINNER】W杯チャンピオン・スペイン