tty突然だが、みなさんはこの写真の撮影場所がどこか分かるだろうか・・






「千代田」
「銀座」
「有楽町」

なんだが見覚えがある...すべて東京にある地名だ。しかし東京では「千代田区」のはずが「千代田町」となっているなど、よく見ると違和感がある。

そう、撮影場所は東京ではない。

ここは山口県周南市にある「徳山」(旧・徳山市)という地域だ。徳山にはこのほか「原宿町」、「新宿通」といった東京とソックリな地名があるほか、まったく同名の「代々木公園」まで存在する。




東京に何らかの想いがあって真似をしたのか、はたまた偶然か...。遠く離れたこの町で、いったい何が起きたらこうなるのだろうか。

Jタウンネット編集部は2019年9月13日、40年にわたって徳山の歴史を研究、講演なども行っている「徳山地方郷土史研究会」の西村修一さん(65)に話を聞いた。

徳山は新宿通、東京は新宿通りなど若干の違いはあるものの、旧徳山市街だけでもかなりの類似地名が見られる。これは知らずに徳山に来てしまったら驚くだろう。東京みたいな町にしたくて類似地名を付けたとしか思えない。

しかし西村さんによれば、この中で東京の地名を意識して付けられたものは、なんと「銀座」だけ。もともとは銀座になる前の佐渡町・幸町から一字ずつ取る予定だったが、

「お前のとこが何で先とか、うちが何で後ろなんだとか揉めたために、フラットにして銀座っていうのを持ってきて、発展を目指そうじゃないかと。当時の東京への憧れというか、銀座だけ唯一、東京から持ってきました」

とのことだ。その甲斐あってか、銀座は徳山で一番の発展を遂げたという。




西村さんは旧徳山市街において、銀座以外の東京に類似した地名はまったくの偶然だとしている。また地名ができた時期もばらばらで、銀座と同時期の1960、1962年に告示されたのは、御幸通、糀町、昭和通、有楽町、代々木通、新宿通だけだという。

糀町は江戸時代からある絵図にすでに地名が確認されているといい、1960年に1丁目、2丁目として告示されている。有楽町は戦前、有楽街であったこと、1981年告示の原宿町は「岡田原」「今宿」2つの地名から、新宿通も今宿から派生している。

驚くべきなのが代々木公園だ。

こちらは東京都渋谷区にあるものと全く同じ名前だが、西村さんによると開園は周南市の代々木公園が先だという。東京が1967年、周南市が1962年とのことだ・・

(source: Jタウンネット - 山口県には「東京の地名」だらけの街がある 銀座、新宿、有楽町...なぜ?地元に聞いた








・東京みたいな地名だらけの山口の町