bbn幻のCD-ROMゲーム機「任天堂プレイステーション」がオークション形式で販売されるというニュースが注目を集めています。海外メディアからは「レトロゲーム機として史上最高額を更新するのではないか」と期待する声も上がっているようです・・





 所有者のテリー・ディーボルド氏はこれまでに幻のゲーム機を持ってスウェーデンのゲームイベントに参加する活動などを行ってきましたが、Twitterにて「真剣に買おうとしている人は連絡をください」と、Twitter上でメールアドレスを公開し、販売の意思を表明。

 彼が所有する「任天堂プレイステーション」は、2009年に氏が勤めていた会社が倒産した際に、社内の備品としてネットオークションに出品されたのを75ドルで落札したもの。会社に所属していた重役が「任天堂プレイステーション」に関わる人物だったようです。




 ディーボルド氏自身は開発関係者ではないことから、2015年頃に偽物ではないかと論争が繰り広げられていました。現在、この議論は落ち着いています。

 「任天堂プレイステーション」という風変わりな名前で呼ばれている理由は、スーパーファミコンの開発秘話によるもの。「プレイステーション」といえばソニーのゲーム機として知られていますが、1988年の開発初期に、任天堂とSONYが共同でCD-ROM版のスーパーファミコンを作ろうとした経緯がありました。約200台のプロトタイプを製造されたそうですが、結果的に日の目を見ることはありませんでした。

 ディーボルド氏のツイートを目にした人達からは「博物館が買い付けるべきだ」といった声が複数よせられています。

(source: ねとらぼ - 幻の「任天堂プレステ」競売に出品か ゲーム史上最高価格を期待する声も




・ゲーム機の歴史の分岐点を象徴する一台。
相応の価格にはなると思うし、所有者にも責任が伴うと思う。
大切にしてくれる方の手に渡ってほしい。

・1999〜2000年頃の日本で、VHSにかわってDVDが急速に普及した際に、ソニーのPS2が大きな役割を果たしたとされている。それを思うと、感慨深いものがあるね。プレステの開発主導権を任天堂が握っていたら、ゲーム機の範疇を出ないPS2になっていたかもしれないから。

・結果的にソニーというモンスターは放ってしまったものの任天堂も未だ健在。結果的には日本勢が切磋琢磨し世界ゲーム市場をリードしている。
ソニーがゲーム市場に参入していなければ、マイクロソフトのXboxに任天堂が喰われてた可能性すらある。
色々あってのことだが、良いライバルというものは必要である。

・これはSFCのCD-ROMシステムではなく、SFCの表示部を利用したPSのようなものだ。
そのSONYの技術力に「軒を貸して母屋を取られる」のではないかと危機感を持った任天堂が契約を破棄したのだ。
だから後に発売されたPSはその名残で中途半端な部分があった。
本命は独自開発のPS2であったので、任天堂の危機感は当たっていたわけだが。

・この写真見るたび、SONYのプリンターを思い出します。
オリンパスの内視鏡システムのオプションとかになってたやつの、筐体を加工してコレに利用してたんですね…。

もし、当時コレが発売していたら単体で5万円~7万円とかしたんでしょうね…。

スーパーファミコンのROMカセットが高価で、ゲーム1本1万円以上とかが普通になってたので、ソフトを買い続けるよりはCD-ROMシステムを買った方が安上がりにはなったのでしょうけど、玩具メーカー任天堂の矜恃には譲れない部分もあったのかなぁ…。

アメリカとかにあるゲーム博物館とかに展示してほしいですけどね!

・噂は聞いてたけど、実物があるとは驚き。
このゲーム機が完成していたらハードはまだまだ任天堂の独占市場だったかもしれない。