mmk地元の風習について、「もはや農家絶対主義の無法地帯です」と憤りを隠さないQさん・・






人家近くで野焼きによる煙害や夜間のラジオに苦しめられました。また、鳥獣対策のため爆竹とロケット花火(手動)を使っており、これが本当に怖いです。警察・消防に通報しても農業活動だからと積極的に指導もありません。

おまけに匿名通報も匿名にならなく、露骨に通報者の自宅に説明に来るので、すぐに近所にばれてしまいます。問題の農家は「どこもやってることだ」と怒鳴る始末です。

最近も22時半から爆竹とロケット花火が上がり、警察に通報するも効果なし。その農家は、1時間後の23時半に再開、農地だけでなく、道路近くまで爆竹を投げて鳴らしていました。

むろん、まったく眠れません。何度も通報をしたのですが、警察も来ず、私が直接様子を見に行くことにしました。すると、道路でまさに火をつけている場に遭遇し、私を見つけるなり近寄って来たのです。





やめるようお願いしようとしたら、爆竹に火をつけようとします。静止しようとすると、突然相手の農家が自分から胸を出してぶつかってきて、突然「暴行罪」と叫び、逆にこちらが警察に通報されてしまいました。

その後は、私は警察に促されるまま「あなたのためです」と書類に拇印を強要されて終わり。「この辺りの農業では当たり前のことだよ」とも言われました。

後日、その農家のお母さんらしき人が私にすみませんと言ってきたのですが、突然私の目の前で息子につき倒されて「余計なことを言うな」と連れ戻されてしまいました。

もう呆れるばかりです。通報した私がその後警察からとがめられたことが、とにかく悔しくて悔しくてたまりません。どう考えても常識的にあり得ないと思います。

この事件をきっかけに家族と相談して私一人このおかしなところを離れることにしました。家族も非農家の近所も報復や村八分を恐れていまでも我慢しています。もはや農家絶対主義の無法地帯です・・

(source: Jタウンネット - 「近隣農家の騒音が我慢できない!直接苦情を言おうとしたら、なぜか私が通報されて...」(大分県・40代男性)





・最初から自分が村八分状態なの気づいてないな・・・

・夜中にイノシシやサルに食われるのを防ぐためなら仕方なかろうよ。農家だって生活がかかってるんだから

・警察でなく役所に相談しましょう。自治体で決められた範囲内なら諦めるしかありませんが そうでないならそこにつけ込めます。

・農家で使う電気柵もルールを守らない場合はアウトのようですし。爆竹も東京都の農地だと使用不可な気がしますがどうなんでしょう?

・地元の風習を40代になって通報…?田舎暮らしに幻滅したシティボーイ的な話じゃなくて?

・どうせ農地の近くに引っ越してきて文句言ってるんだろ

・クソ田舎なんてそんなもんだぞ。その土地の独自のルールが罷り通っていて法律なんて意味をなさない。年寄りと昔からの有力者が偉くて、若者と一度土地を離れた者は発言権が無いし前時代的な価値観を押し付けられる。ただでさえ生活が不便なのにそういった状態がまかり通っているから若者がどんどん逃げていく

・ああ、妊婦が喫煙席に乗り込んできて「私妊婦なのに!私妊婦なのに!」って叫ぶアレ?

・たしかに野生動物から作物を守らないといけないというのもあるし第一次産業を蔑ろにするわけにもいかない。もう棲み分けするしかないんじゃない?高速道路とかで農地と都市などを繋いで行き来しやすくした上で棲み分けするくらいしか思いつかない。どんどん人が減っていく田舎を維持するのは無理だし、無法地帯を野放しとか論外

・老後に静かに田舎暮らししたくて周囲農家なとこに家買って住んでみたらうるさかったってことかいな?周囲の土地ごと買わないと無理だろ

・後から来て勝手な事を言うな、って話なんだろうけど、母親を突き倒したってのが本当なら相手がイカレてるのも間違いなさそうだな。