gtr10月初旬の日曜日。東京・町田市の市民ホールでは、ときに激しく大胆に、ときに愛らしく優雅に踊る秋篠宮家の次女の姿があった・・







スポットライトを一身に浴び、はじける笑顔と飛び散る汗で輝く彼女は、今という時代を生きる“新たな皇族”を体現しているかのようにハツラツとしていた。

 それはまるで、最愛の姉へ「もっと自由に!」とのメッセージと、自身とご家族が抱える“悩み”を一心不乱に発散するようにも見えて……。

「生バンドの演奏に合わせて、複数のダンサーが踊る“センターポジション”で、プロのダンサーにも負けないくらいキレのあるダンスを披露していたのが佳子さまでした。おヘソが出るぐらい丈の短い白ラメのトップスに、。

 サイドを編み込んだ髪型で、アイドルのような笑顔を見せながら、踊りに合わせて変えるいくつもの表情は、普段ニュースで見ている“おしとやかな印象”とは、まるで別人でした」(観客の1人)




 10月初旬の日曜日、東京・町田市の市民ホールで行われたヒップホップダンススクールの発表会。そこには、ダンサーの1人としてステージに立つ、秋篠宮家の次女・佳子さまの姿があった。

「大学時代に通っていたダンススクールですが、今も通い続けているとは聞いていませんでした。今年はOGとして見学するかもと言われていましたが結局、出演者として3年連続、ステージに立ちました」(皇室担当記者)


 大学卒業後の佳子さまは、大学院進学や海外留学など、その先の進路はもちろん、就職先も定めていない。 

 7月に秋篠宮家をお支えする皇嗣職大夫の定例会見が行われた際、女性記者から「佳子さまは普段、いったい何をされているのですか?」

「佳子さまの同級生など、大卒の女性が社会に出ていちばん忙しいときなのに、ご本人はどのように過ごされているのか?」との質問も出ていた・・

(source: 週刊女性PRIME - 佳子さま、姉・眞子さまの結婚問題よそにダンス公演で“美しすぎる腹筋”を解放!





・内親王としての役割をしっかり果たした上での息抜きならともかく…。
自立してほしい。只の甘ったれ。

・過去にいなかったタイプの皇族。
全く尊敬の念が出て来ないし、この人税金で何してるの?

・ヒップホップ自体は悪くないが、皇室の方がこの系統のダンスを踊る事に違和感があります…。
ちょっとこの次女の方は特に好き勝手やりすぎじゃない?
長女の男選びもどうかと思うし、色々と自覚がなさ過ぎて親の育て方が悪かったとしか思えない。

・就職もしないでダンスにたまの公務ってどうなのかね。
黒田清子さんも皇室時代はきちんと就職されてましたよ。

・未来の天皇の姉二人が‥。
やっぱり変じゃない?秋篠宮家。

・今時の子だから自由に生きたいってのもわからなくはないけど、だったら皇室にいちゃダメよね。皇室出る覚悟でやってほしい。お姫様のいい部分はほしいし、自由もほしいではダメだと思う。一般人ではとても捻出できなほどのお金かけてもらってるからね!