226年ぶりの日本リーズ進出を決め、勢いに乗る読売ジャイアンツ。そんな折も折、今シーズンから一軍外野守備走塁コーチを務めていた鈴木尚広(41)が、突然退任を発表した・・





 高卒で巨人に入団した鈴木は、以降、ジャイアンツ一筋20年。“代走の神様”として通算盗塁数228を記録した。妻とは2003年に結婚し、現在中学生になる息子がいる。現役時代の2010年には「ベスト・ファーザー賞」に選出されたこともあった。

 ところが、現在、家庭は崩壊し、妻とは離婚訴訟中の身である。長年に亘る夫妻の知人が解説するには、

「もともと家にはあまり帰らず、夜な夜な遊び歩いていました。時には奥さんを怒鳴ったり、手を上げることもあったとか」


・巨人を退団した鈴木尚広氏




 そんな鈴木の不倫相手となっていたのが、元アナウンサーでCMなどにも出演する野原沙織さん(仮名)だった。野原さんにも医師の夫と二人の息子がいるから、ふたりはダブル不倫の関係になる。

 今回、週刊新潮編集部は、鈴木と野原さんの複数枚に及ぶ写真を入手した。そのなかには、黒のタキシードに身を包んだ鈴木が、ウエディングドレス姿の野原さんと寄り添う一枚も。不倫でウエディング写真といえば、かの中川俊直・元政務官もそうだった。「重婚」騒動ふたたび、か――。

 野原さんの存在は、鈴木の妻もすでに知っているという。妻に重婚写真を見せると、“気持ち悪い”と一言。

「結婚式の真似事までやってたんですか。まだ私たち離婚もしてないのに、何やってるんですかね」・・

(source: デイリー新潮 - 鈴木尚広コーチ巨人退団の真相 W不倫の相手女性と“重婚写真”を撮影




・足も速いが手も速い

・日本シリーズ目前で急に退団となったので以前から噂もあり家庭のことだなと感じていたがやっぱりそうだったか。代走として素晴らしい成績も残し、今年は増田を育ててきたから残念だがこればっかりはしょうがない。そして何より一番の被害者は子供だと思う。

・旦那がタキシード着て女性と結婚の真似事。
こんな写真見せられて奥さん可哀想。

・原監督の問題も無かったかのようになってるのが違和感。

・DVの次は不倫か。
逃げ足も速い。

・日テレはいろんな番組でこの人をいいように取り上げてたけど裏ではDVにW不倫
ダメだこりゃ

・残された仕事を放棄してまで逃げるように退団するのを見ると、
これが真相の全てではない可能性がよぎり、まだ不安があります。

・いいんじゃないの。巨人だもの。監督も以前
1億円払った事があったじゃない。巨人は今の監督の元では、女性関係はO.K.だと思います。
そういう球団だから、止めず堂々としてればいいんじゃないの。