ffg台風19号により、複数の棟が停電した上、復旧に最低1カ月かかるマンションもあり、エレベーターが止まり、明かりはつかず。トイレ・ガスまで使用自粛が求められ、住民たちは想定外の事態に打ちのめされている・・





 タワマンの多くは、地下に配電室を置いている。それが、今回の大雨で地下に水が流れこみ、複数の棟で設備損傷、排水後も使いものにならなくなった。マンションごとの特注品なので、納品に時間がかかるという。

40階超のマンションの住民が、外出に階段を上り下りしなければならなくなっている。上下水道のポンプも電気のため、断水もあり、下水も問題が起きている。高層階のトイレを含めた排水は、下水管を通じ下に流れていくのだが、屋外へ排水ができなくなり、下水管を逆流。低層階のトイレや洗濯機、台所の排水溝から噴出してしまう事態になっている。

 停電したマンションの管理組合のひとつでは、対策として各戸とも電気が復旧するまでトイレを使わないように申し合わせた。ガスは使えるが、換気扇や警報機が使えないため、安全のためガスも使わないよう申し合わせた。事実上、電気・ガス・水道のライフラインが使えない生活だ。


・話題となっている 武蔵小杉のタワーマンション問題




 各戸に水1リットルと簡易トイレを配布、共用部分にトイレを設置したマンションもあるが焼け石に水だ。乳幼児のいる家庭では、親族の家などに避難を始めた。
 さて、電気・ガス・水道に問題のないタワマンもあるが、被害ゼロではない。

 武蔵小杉駅周辺は、もともと低湿地の上、タワマン林立で人口が急増したため、下水処理能力が追いついていない。今回の台風で街のマンホールや下水溝から下水が逆流し、駅前道路が最大1・5メートルの高さまで冠水した。

しかも、川崎市上下水道局によると、この地域の下水道は雨水と生活排水を同じ管で流す方式だ。なので、マンホールから逆流した水は、周辺住民数万世帯分の糞尿が混じっているのである・・

(source: 日刊ゲンダイDIGITAL - 逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号浸水被害ルポ





・余裕のある人だけでなく、頑張って購入した人もいるだろうし可哀想だけど、あまりにも 一気に 建て過ぎだよね。

・購入を後悔した人もいるでしょうね

・タワマンは賃貸で一時的に住むのならいいと思うけどあれは所有するもんじゃないな

・見た目は高層マンションでいいが所詮は寄り合いの集合住宅、良いところと言えば夜景が綺麗なぐらい、後は欠点だらけ、壁を境に赤の他人が入居してる集合住宅

・資産価値だだ下がり。

・昔、この辺りは川だったと聞いたことがある。多摩川一望なんて聞こえは良いが、そもそも地盤は弱いからタワマンなんて建てちゃいけないエリアなんですよ。

・武蔵小杉は普通に考えて、いつこうなってもおかしくなかったよ…。
高い家賃払ってまで住む場所じゃないもん…。

・下水が排水されずに低層階の住戸のトイレや洗濯機、台所の排水溝から
逆流して噴き出しているような状況では、復旧しても匂いが残ってしまって生活して行く上で、衛生上も良くないだろうから住民達は大変なことになってしまった。