hjギリギリの通過でした。船から手を伸ばせば崖に触れられそうです・・






 ギリシャにある、幅25メートルのコリントス運河を幅22.5メートルの大型クルーズ船が、慎重かつ大胆に進んでいきます。両側から迫ってくる切り立った崖に手が届きそうです。

文字通りギリギリの通過に挑んだのは、全長約196メートルのヨーロッパの豪華クルーズ船「MSブレーマー」です。この挑戦で、コリントス運河を通過したもっとも長い船という記録を打ち立てました・・

(source: テレビ朝日系(ANN) - 絶妙な舵取り!大型クルーズ船ギリギリ運河通過


・絶妙な舵取り!大型クルーズ船ギリギリ運河通過



・事故が起き沈没したら逃げ場が無い。

・生きた心地しない。

・ミニ四駆みたいに、横にローラーがついてたりして。

・NICE BOAT

・これぞプロの仕事だわ。
この航海の後で、船長や航海長が他の船会社にヘッドハンティングされたりして。

・道楽の極みだな

・舵?こんな最微速で舵なんか効きません。恐らく前にタグボートが左右舷側をロープで牽引して通過したのでしょうね。それにしても見事な操船です。

・バウスラスターが付いているお陰だろう。
舵だけでは微妙な船首の振れは、調整できないだろうし。バウスラスターで船首を微妙に調整して接触しないようがんばった船員に拍手。