ty10月9日、田中は『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、過去に出演したバラエティー番組の企画を振り返った。同企画は、芸人の母親たちが手作り弁当を持ち寄り、実食の上で誰が一番上手だったかを決めるというもの・・






田中は当時のことを「うちのお母さんの弁当が最下位になったんですよ」と語ると、相方の山根良顕も、審査員を務めていた女性タレントから酷評された弁当だったと、これに同調していった。

山根によると、女性タレントはいきなり「おいしくなさそう」と否定から入った上、冷凍食品が入っていたことを理由に「ちょっと愛情が足りないです」などと重ねて弁当を批判したそう。

これを聞いた田中の母は、明るい人柄にもかかわらず落ち込んで泣いてしまい、スタジオの空気を察した田中が「いいだろ、別に!」「ウチのお母さんは看護師やってて夜勤とかもあって不規則なシフトで疲れてるから冷凍食品も入るんだよ!」と、あえて〝キレキャラ〟を演じると、息子のけなげさに他の芸人の母親たちも泣き始めてしまったのだという。


・アッパレやってまーす!



「この悲痛なエピソードは放送後から話題となり、ネット上では『一体いつの番組なんだ?』『こんなヒドいことを言った女性タレントは誰?』と、真相を探る者が続出しました。

そして、誰からともなく当時の動画が発掘され、番組が2011年5月に放送された『はねるのトびら』(フジテレビ系)であったこと、この女性タレントが当時大人気だった小森純であることが拡散されています」(芸能ライター)





すると、一般人である田中の母親を泣かせたという点が蒸し返される形となり、ネット上には、

《心が痛くなる 発言の線引きもできないただのアホ》
《私ももらい泣きした。田中のお母さんは優しい人》
《これ覚えてる 最下位にされてヘコんだお母さんを見てバクバク食ってるの見てちょっと泣いた》
《人のお弁当をバカにするなんて》
《小森はバカなのか?》
《小森純 干されてよかった》

などといった感想が。今では第一線から消えて久しい小森が、意外な形で話題となった・・

(source: まいじつ - アンガ田中“僕の母さん泣かした女タレント”をネット民が執念の発掘!