hhuどんなビジネスを始めるにしても、初期投資はどうしてもかかる。今までプロレスしかやってこなかったから、そのあたりのことはあまりピンと来ていなかった・・






 借りた店舗のものはどれも使えないものばかりだったので、すべてを買い揃えたり、リース契約を結ばなくてはいけなくなった。ただ、それ以上に大きな負担になるものがある。それこそが、店を借りる時に必要な「保証料」だ。

 飲食店の場合、この「保証料」がべらぼうに高い。本当は正確な金額を書くべきなんだろうけど、正直、忘れてしまった。忘れた、というか、あまりにも高すぎて、もう思い出したくもない。

 当然、敷金・礼金も別にかかるわけで、店の中がガラーンとしている状態でも、すでにけっこうなお金が財布から消えてしまっている。

 厨房の中も、まずは食材を保管するための冷蔵庫が必要になる。業務用の大きなものだから、これも高い。あまりにも高いものはリース契約をするんだけど、その契約書に判子を押す時に、ある種の決断を迫られる。

 普通に生活していて、何かをリース契約する時に「6年契約です」と言われても、別になんとも思わないけれど、店をオープンするために必要なものをリースする時には「そうか、俺は6年間は続けなくてはいけないのか……」とあとから実感する。




 それは店舗の賃貸契約を延長する時も同じで、いまだに「これから数年後、この店は本当に続いているんだろうか?」と真剣に考えながら判子を押す。胃が痛くなるような決断は、店をやっている以上、いつまでもついてまわる。

 お客さんを相手にする商売だから、少しでも快適に食事をしてもらえるような環境は整えていかなくてはダメだ。

 いちばん負担が大きいのはエアコンと券売機だ。両方とも100万円前後はする。

 狭い店であれば、そんなにお金もかからないのかもしれないけれど、ウチはラーメン屋としてはかなり広い部類に入るから、大きなエアコンを天井に設置しなくてはいけない。たしか100万円近くしたのかな? 
 だからテーブルや椅子は自分で直したけど、もう客席エリアだけで何百万円も消えてしまう。まさに財布の中の1万円札に羽が生えて、一斉にバサバサと飛び立っていくような感じだ。

 居抜きであろうがなかろうが、ラーメン屋を開業しようとしたら、少なくとも1000万円は開業資金を用意しておかないと、たぶんすぐに足りなくなるだろう。これも最低限、頭に入れておいたほうがいい。

 そして、俺には経営の知識もノウハウもなかったから、あっちに支払い、こっちに支払い、とやっていくうちに、気がついたら1000万円はすぐ消えてしまっていた。資金だけではなく、頭もショートしてしまった・・

(source: 現代ビジネス - 川田利明さん激白「ラーメン屋の開業ですぐに1000万円失ったワケ」




・準備が疎かだったからのと専門知識が無かったからの失敗談だと思うが今も続けて店を構えているのなら立派な経営者に成られたのだという証拠です。

・リアルな話だね。

・業種は違いますが、人件費と家賃などある程度の固定費をどのくらいの売上でカバー可能なのかその分岐点をしっかりコントロール可能な範囲でスタートし、可能であるなら拡張計画を持って、まずはスモールスタートするのが無難ですね。いずれにしても、出店というのはある種の「夢」だと思うのですが、その「夢」ばかりが先行して計画性に欠けると良くないです。分かってる事なんですけどね。大きなお金を動かそうとする時にはどこか夢みがちになるんですよね。

・1,000万円を失ったというけど、今もちゃんと続けてるのなら川田さんにとっては必要コストだったんじゃない?
長い期間ラーメン店を経営してきたのはご立派なことだと思う。

・プロレスから身を引いてラーメン屋をここまで続けてこられてる事は立派だと思いますよ
無知な状況から10年続けて行ける事は大変な事です

・知り合いのラーメン屋は
儲かるからやった方がいいと薦める。
しかし2店舗中、1店舗は閉店した。
立地が悪かったというがそれほど悪くもない。
味は可もなく不可もなくで普通。
インパクトは無駄にデカい器。
中身は普通だから少なく見える。
それでも客は普通に来る。

・家庭用と違い業務用エアコンは適合品があればアウトレット品だと破格に安い
記事にもあるように飲食店はすぐ潰れる店が多いから厨房機器も中古で揃えればかなり安くなる
大きなリスクはメーカーの保守ができない場合があるからメンテナンスに気を使う

・小規模、個人事業主、1人株式会社ならどれも気をつけてほしいことです。
逆に資金のある最初だから手を出しそうになりますが、実際どんだけお金をかけて準備してもビジネスは成功しません。

リース屋、コンサルタント、保険屋、広告屋、税理士。これらは起業当初だけ親切です。ですがお金だけむしとりなくなった客には目も向きません。これらが必要となるのはもっと会社が大きくなってから。

・美容師で独立して 結構準備したつもりだったけど 後で思えばもっと詰めれた所は山程あった
やっぱり独立する時って てんやわんやで
地に足ついてない様な状況で大事な契約などを決断しないといけなくなるから
あの時 一方引いた立場から指南してくれる存在が居てくれればもっと違ったのかなとも思う