fgh教師のキーノン・ロウ氏は5月、銃を手に教室に入ってきた生徒から、素早く銃を奪いとった。しかし、それだけではなかった・・






ロウ氏はその時の状況について、「ドアが開いた時、私はドアのすぐそば、1メートル以内の場所にいた。そしてそこにはショットガンを持った少年がいた」「すぐに、状況を分析した。

彼の顔、目を見て、銃を見ると、本物だと分かり、すぐに直感で動いた。銃をめがけて突進し、両手をかけた」と地元メディアに話した。


・問題のシーン



教室内の生徒たちは叫び、逃げ出した。フットボールのコーチで非武装の警備員でもあるロウ氏は、銃を奪う前に、銃口を人から遠ざける事に集中したという。

そして、地元TV局KOIN6が入手した監視カメラ映像には、その後のロウ氏の温かい行動が映っていた。彼はその少年と話し、抱擁したのだ。

ビデオには、ロウ氏が当時18歳だった少年を教室から廊下へと誘導し、他の教師が銃をその場から撤去する様子が映されている。少年は、自分以外の誰にも危害を与えるつもりはなかった、と繰り返した、とロウ氏はSports Illustrated誌に話した。

「誰も気にしてくれない!」と叫ぶ少年に対し、ロウ氏は「私は気にしている」「だからここにこうしているんだ。僕がついている」と話したと言う。

(source: AFPBB News - 銃を持った生徒が高校に…。教師のとった意外な行動に称賛の声が集まる


・ニュース映像



・人の事をいじめる先生
この記事を見てどう思いますか?

・勇気あるなー強くて優しい男だ

・銃はいかなる人に向けるためのものではないはず。
勇気ある行動。
生徒への愛。
何があったかわからないが、人生長い。
彼らが幸せに生きていってほしい。

・映画のワンシーンになりそうな。自らの命を賭して他者を救う人だ。すごい

・学校に銃持ってきて自殺しようという思考は、どこかで止めてほしい気持ちがあったんだろうか。
もしそうならコーチがとった行動は少年にとっても最善だったのかもしれない。

・これが本物の教師の姿だ

・ヤバイ、泣く。
教師も男前で、優しく、強く、愛に溢れた人だと思うし、
ちゃんとまだハグを受け止められる心がその生徒に残っていて良かった。
大量殺人を目論むサイコパスだったらやられてたでしょ。


・ニュース映像