re掲載された写真は、2017年4月に千葉市内で行われたNGT48のイベントで撮影されたもので、ファンと2ショット写真を撮ることができるもの・・







報道によると、山口と当該男性は、新潟市内に双方が借りていたマンションの部屋番号の数字を手で表した写真を撮影したという。

これに山口は、ツイッターで「名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます」と激怒。「ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません」「写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」と反論した。


・問題の 山口真帆さんの投稿




山口は昨年12月に新潟市内の自宅前で男性2人から暴行を受けたとして、今年1月に自身のSNSで告発。男性2人は新潟県警に逮捕されたが、不起訴となっていた。

AKB48グループの運営会社・AKSは、男性2人を新潟地裁に提訴したが、9月に行われた進行協議で、被告側は山口との私的なつながりがあったことを主張。今月28日の弁論準備手続では、つながりを示す物証を数点、提出していた・・

(source: デイリースポーツ - 山口真帆、暴行事件加害者との“つながり”写真掲載報道に怒り「名誉毀損すぎる」


・問題の写真


・それが物的証拠になるなら、アイドルは全員ファンと私的関係にあることに
なってしまうね。
そんなわけないだろう。仕事だよ。

・分かり切ってることだけど、山口が法廷に立つことがあるとすれば、研音がAKSと犯人を名誉棄損で訴える時。
損害賠償請求でなぜか、関係のない山口と犯人との繋がりを争点にし、なぜかそこばかりマスコミに流すアホども。万が一でも、山口と犯人に繋がりがあったことを真実であるかのように結論付けて裁判を終結させた場合には動くだろうね。

・どちらが真実かはわかりませんが、運営側や犯人側の主張が真実なら山口を訴えれば良いのですよ。運営の場合は営業出来なかった期間の損失分は莫大な金額になるでしょうから。他のNGTメンバーが誹謗中傷されてしまうことに対する慰謝料やら請求すれば相当な額になるでしょう。

・山口真帆さんは完全な被害者だと思う。既に事件後に収録した音声が証拠として残っている。山口真帆さんは泣きながら、誰が犯人だと実名をあげていた。
それを知らずに、イベントでの行動にケチをつけるのは愚かだと思う。

・イベントの写真を証拠として出さなければならないのは、プライベートでは全く繋がりがないという証拠と考える方が自然です。
問題の記事は酷すぎます。
ここまで酷い記事を書くとは、加害者側となんらかの利害関係があるのではないかとまで思わされます。

・どちらでもいいけど、無実でも有罪にできるメディアの凄さ。

・犯人達の録音データをテレビでも公開したら良いのに。
はっきりと山口さんとは繋がりない。
他のNGT黒メンバー達とは、あの部屋で会ったりしてると言ってたし。