225東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、東京五輪・パラリンピック組織委員会、政府の4者協議が1日、都内で開かれ、五輪のマラソン、競歩の開催地は暑さを避ける目的で札幌市に変更することで決着した・・





唯一、反発していた東京都の小池百合子知事は「都として同意はできないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と述べた。開幕まで9カ月を切った段階での異例の開催地変更が決まった。

4者協議は、IOCのコーツ調整委員長、組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪相らが出席した。東京都が札幌移転で生じる費用を負担しないことなど4点で合意したことが報告された・・

(source: スポーツ報知 - 五輪マラソンは札幌開催 小池知事「合意なき決定」


・話題となっている 五輪マラソン問題



・札幌開催正式決定


・今回に関しては小池都知事を応援する。
都民の血税を預かる立場で、決定事項だからと簡単に
飲むようではダメ。 本当は五輪返上をして欲しいくらい。

・元々の開催時期をもう少し気候の良い時期に開催させれば良いだけの事。(マラソンだけに)IOC金儲けに走りすぎ。

・札幌移転案が急に出た話なら普通は慌てると思うのですが、市長は戸惑うどころか喜んでいたし、大手ホテルもこの時期は予約を入れてないそうだし、何らかの打診はあったんでしょうね。
小池さんとしては一応言うだけの事は言って面目は保てたのではないでしょうか。

・今回の件を教訓に日本の各都市は、
二度とオリンピックを誘致しよう
なんて考えないでほしい。

・反対されそうなとこには伝えない悪質。
すでに使った300億も裁判してでもIOCに請求すべき。

・日本では体育の日が10月であるように、10月がスポーツをやる上で気候的にも良いという理由がある。それは国によっても違うのは当然で、日本で開催される事が決まった以上、その国土にあった開催時期を選ぶ事が大事。

・今後涼しい都市でしか開催できませんとIOCが宣言したことになる。
興覚めだな~
けど札幌も暑いときは東京より暑かった気がするので、マラソン当日気温低ければいいですね、という感じ。
逆に暑かったときに札幌のせいにされるの???

・今回、IOC対小池知事、みたいな構図になっているが、本来この中心にいなければならないのは、大会組織委だ。
大会組織委の当事者能力・意識のなさには、腹立たしい限りである。大会組織委がIOCの決定を受けるならば、彼らが責任を持って小池知事を説得すべきなのである。それを森は、「IOCが決定したならば受け入れざるを得ない」などと。ふざけるな。


・五輪マラソンは札幌移転で決着