gtr今回チャレンジするのは、カリフォルニア州在住のアメリカ人・コーディさん。彼は2度目の来日で、今回は名古屋や大阪、九州も巡るという日本通。だが、ストロングゼロの存在については知らなかったそうだ・・





コーディさんがチョイスしたストロングゼロは限定の『まるごと白ぶどう』。見た目によらず甘いお酒が好きらしく、レモンやグレープフルーツよりも甘そうなストゼロを選んだそうだ。

まずはフタを開け、香りを確かめるコーディさん。彼にわかりやすいようにまずは最近の人気映画になぞらえ「日本人がジョーカーになるのを防ぐ酒」とストロングゼロについて説明すると…

「いや、ジョーカー見てねぇからわからん」と、記者渾身のアメリカンジョークは完全に通用しなかった。そのままストロングゼロを飲むコーディさん、果たしてお味は?


・カリフォルニア州在住のアメリカ人・コーディさん


なぜか無言で固まるコーディさん。数十秒後、彼が発した言葉は「日本人はこんなストロングな物飲んでるのか…なんかすごいな」と、日本が好きだからこそかなぜか含みのある表現をした。

「あ、でもビールよりウマいよ」というフォローも忘れない。ストロングゼロをひと口飲んでいろいろと察したのは、さすが日本通アメリカ人と言えるだろう。

あくまで記者の予想だが、コーディさんはきっとストロングゼロを飲んで「日本人も楽に生きてはいない」ことを理解したのではないだろうか・・

(source: しらべぇ - ストロングゼロを初めて飲んだアメリカ人、あまりの衝撃にフリーズする





・ファンタジーにでてくるドワーフみたい(´・ω・`)

・Tシャツに目が行くわ

・「ラーメン おいしいと危険」は言いえて妙

・このTシャツのセンス好き。うまく説明できないけどなんか好き

・籠いっぱいの豆用意するから、なんか作ってくれ(伝承)

・(マナーの良い)外国人観光客は大歓迎だ

・アメリカってああ見えてビールもウイスキーもコーヒーも若干薄目だからな

・金なければパンツマンやアル中カラカラしかりデカいやつ買うし、ストゼロってネットでバズってるあたりガッチガチの底辺ではないんだよね。amazonでも2Lの日本酒が1000円以下。 地域のディスカウントスーパーとかで探したらもっと安い焼酎で悪酔いできる。

・甲類焼酎をストレートで飲む俺も、飲んでる端から気分が悪くなる酒。 それがサントリーストロング。

・空気の読めるいい奴だな

・なんか一緒に飲んだら楽しそうな人だな

・左右にツノが生えたヘルメット似合いそう

・このアメリカ人兄貴が強烈すぎて記事の中身がはいってこねぇよ!

・やがて日本は街がロシアのように荒廃し、ロシアの若者みたいに命を大事にしないめちゃくちゃなことやるやつが増えるんだろうなぁ。今の日本のアンダークラスは暴れたいのに街がそういう雰囲気じゃないから暴れられないという状態。タガが外れたら一気にだろうな。外国人が先鞭をつける気がするわ。

・装備は「斧」だな

・「異世界から転生してきたドワーフだが、なんかよく分からん酒を飲まされてるんだが?」――というタイトルだけは読んだ。