rrt記事はまず、中国人留学生の多くは「日本人の礼儀正しさ」に感銘を受けると伝え、たとえお店で買い物をしなかったとしても爽やかな笑顔で見送ってくれると紹介した。しかし・・





しかし、公共交通機関の車内では日本人の若者が高齢者に席を譲らない光景をよく見かけると伝え、「なぜ礼儀正しいはずの日本人は高齢者を敬わないのか」と疑問を提起した。

 その理由について、日本人は他人に迷惑をかけることを嫌うためではないかと伝えたほか、日本人は他人からどのように見られているかも気にするため、席を譲られるということは他人から「高齢で助けが必要」と見られていることの表れであるため、日本では高齢者が目の前で立っていたとしても席を譲らないのではないかと分析した。





 続けて記事は、日本で高齢者に席を譲ろうと思う場合には、「次の駅で降りるからどうぞ」と言うか、もしくは何も言わずに隣の車両に移動するといった配慮が求められると伝え、こうすることで高齢者の気持ちを傷つけることなく席を譲ることができると伝えた。

 中国では公共交通機関の席は椅子取りゲームをしているかのように争奪戦になることが多い。しかし、高齢者が乗車してきた場合には、若者は席を譲ることが一般的で、高齢者も譲られた座席には遠慮なく座るため、日本の感覚とは少々異なっていると言えるだろう・・

(source: サーチナ - 礼儀正しいはずの日本人、なぜ高齢者に「座席」を譲らないのか=中国





・譲ろうと変に切れるプライドだけのジジババが増えたからな

・バスだけは譲るようにしている。

・>高齢者が乗車してきた場合には、若者は席を譲ることが一般的で、高齢者も譲られた座席には遠慮なく座るため、日本の感覚とは少々異なっていると言える 中国でそんな光景一度も見たことはないな お互いにどけと大声で喚きちらして喧嘩する光景ならよく見たが

・譲ると色々言って結局座らない老人がいて面倒なのです

・通勤時間帯の満員電車に乗ってる時点で元気な高齢者だと空気を読んでるんだよ。

・今の爺婆は敬う価値が無いからやろw

・またサーチナが中国人代表で日本との対立煽りを扇動してる定期

・たいして礼儀正しい人間なんかいないよなぁ。

・前提の「礼儀正しい日本人」と言うのが中華ファンタジーだという事に気づいて欲しい。やるべき事とやらなくても良い事を明確に線引きしているだけで、その線は個人個人で引き具合が違う。

・状況によりけり。流石に譲ろうとたった席をリーマンがそ知らぬ顔で座った時は呆れたけどな。

・譲ろうとするとキレる老人が増えたっつーか老人自体の数が増えすぎたからもう敬われる程の存在でもなくなりつつあるのよね。

・環状線は普通に日本でもみんな椅子取りゲームしてるゾ(白目)

・コメント欄を見る限りでは、譲る側じゃなくて、譲られる側に礼儀というか、共通認識が欠けているように思えるなあ。「譲られるマナー」でも教育したら?

・その場その時の空気読まないとめんどくさい因縁つけられるからな。表題からして偏見てんこもりで分析したつもりマスゴミと認識した。日本を知りたいなら日本に50年住んでみろ。話はそこからだ。

・儒教国家では年上は絶対なのだろうが、日本では老害は絶対悪なので。