fre女性はある日のトレイルランニングの際に、不意に小さなハエの群れに顔を突っ込んでしまい、口の中に入ったハエを吐き出したとのこと・・





ランニング中にハエの群れの中を通った女性の目から取り出された蠢く物体とは?


その時は何ともありませんでしたが、3月上旬になって右目に刺激を感じたため、水道水で目を洗ったところ、0.5インチ(約1.27cm)ほどの大きさの透明な線虫が2匹動いているのを発見。翌日受診した眼科で、眼科医の手により3匹目の線虫が摘出されました。

眼科医は女性に、二次感染を防ぐための抗生物質を処方し、引き続き目をよく洗うよう指示しました。

3月中旬にネブラスカ州の自宅に戻っても、女性の目の痛みは治らなかったため、再度眼科を受診したところ結膜炎と診断されただけで寄生虫は見つかりませんでした。しかし、診断の直後に女性が目を洗うと、4匹目の線虫が出てきました。これを最後に目の痛みや結膜炎はおさまり、その後の検査でも寄生虫が存在する兆候は見られなかったとのこと。

女性は合計で3匹の線虫を自力で目から取り出したことになりますが、カリフォルニア州の眼科医が線虫をホルマリン漬けにして保管していたため、CDCが検査したところ、線虫はThelazia gulosaと断定されました。

Thelazia gulosaは2018年2月にも、オレゴン州在住の26歳の女性の目から14匹発見されており、Thelazia gulosaの感染例としては今回の事例が2例目だとのこと・・


jj






・目から寄生虫が発見されたケース