xfgこの老人は、5年前に脳卒中を患ってから話すことができなくなったアブドゥル・エブラヒムさん(52歳!)。今年5月、脚に軽度のけがを負った彼は、RKカーン病院に連れて行かれ、抗生物質を処方されてすぐに帰された。しかし・・





【閲覧注意】もうすぐ死ぬ入院患者の上唇をめくってみたら…


しかし、6月19日に再びRKカーン病院へと搬送された。

というのも、彼の脚が真っ黒く変色してゼリーのようになってしまったからだ。彼は脚を切断する手術を受けるために入院することとなった。


・アブドゥル氏
554


 同月23日、アブドゥルさんを見舞いに来た息子のアザード・エブラヒムさんは、父親の上唇が異常に腫れていることに気づき、その上唇を持ち上げると……。

アザードさんは、アブドゥルさんの歯を磨くことさえしなかった病院の杜撰な看護態勢に憤る。


ttr


「ウジ虫が蠢いており、その動きはとても活発でした。私は正気を失いそうになりました。そして、悲鳴を上げました。誰も父の世話をしなかったことが信じられませんでした。午前中に行なうべき最初のことは歯を磨くことくらいです。

病院はそれさえできなかったのでしょうか? 警備員さえ部屋に来ませんでした。彼らは臭いがキツいという理由で、父を部屋に隔離しただけでした」・・


・動画はこちら(閲覧注意): https://www.youtube.com/watch?v=dkurrB2cFMg