bgr「なぜ、ここまで騒動が大きくなってしまったのか正直わかりません」 こう困惑気味に話すのは、昭恵サンのドレスをデザインしたデザイナーの継枝幸枝(つぐえだゆきえ)氏だ・・





「昭恵さんと知り合ったのは2~3年前でしょうか。10年以上前からのお客様で、友人でもある元衆院議員の藤野真紀子さんのパーティーででした」

 それ以降、継枝氏はファーストレディお抱えデザイナーの一人になったという。

「昭恵さんから“外交で海外へ行く予定があるんだけど、お願いできるかしら”と電話がきたり、私のサロンにいらっしゃることもあります」

 大騒動の原因になった服はいかにして作られたのか。


・話題となった 安倍昭恵氏の服装




「テレビを見て初めて、昭恵さんが私のデザインした服を着て下さったと知り、驚きと同時に嬉しかったですね。あれは私が作った洋服の一つ。今年7月、彼女に似合いそうな物を何着か見せると、あのドレスを“これ良いですね”と言われたのを覚えています」

 即位礼正殿の儀の翌日、継枝氏が自身のサロンのHPに昭恵サンが着たドレスの写真を掲載。すると、

「テレビ局から取材の依頼がありました。でも、世間で大騒ぎになっているとはまったく知りませんでした。知り合いからネットで騒ぎになっていると聞いた後から電話が鳴りやまず、事務所に直接来るマスコミもいたのです。そこで相当悪い意味で世間を騒がせていると気づきました」

 ドレスコード違反については、

「明るい色が好ましいとされているので、あのドレスの色合いは皇室行事でもお召しになれます。ミニスカートといわれていますが、膝が隠れる程度の丈があるし、そもそもミニスカートがダメという規定はありません」・・

(source: デイリー新潮 - 安倍昭恵夫人「即位の礼ドレスコード違反騒動」 お抱えデザイナーが語る一部始終



・規定は最低限のルール
首相夫人の最上級儀式出席の為の服装はそれ以上の考えが当然必要となってきます
それを証拠に他の方たちはあんな格好してなかったでしょ
今回の式典に着て行って良いと思うならこのデザイナーは他の大した人に付いてないのでは

・確かに少なくとも多少の違和感は感じた。
皇室や天皇陛下への礼節や尊念は低いのだろうが、とは言え国の指導者たる夫の立場への自覚に欠けあそこまで周囲を気にせず自己中な独りよがりだと流石に引くわな。

・デザイナーが何と言おうと、見ていたこっちが気分が悪い。いい年して膝丸出し、周りの人々とのバランスが悪い、本人が気に入れば良いという場ではなかったと思う

・ミニスカートがダメだとはどこにも無い…
専属デザイナーが、それくらいの意識しかなければ、昭恵さんかわいそうですね
プロのデザイナーならば、彼女の立場や年齢
スタイルから、もっと似合うデザインをアドバイスするべき

・デザイナーは、自分が語ることでさらに事態を悪化させていることに気づかないのかなあ。ドレスコード云々の問題ではなく、陛下への気遣いができていたか否かの問題。あのドレスは私のような服装に疎い人間でも、即座に「恥ずかしい」と思えてしまうものだった。それくらい分からないファーストレディーだということ。森友の件からすべてつながってる。この人はおかしい。