ggg先月31日の夜、英イングランドのマージーサイドを拠点とする動物保護団体「Rescue Me Animal Sanctuary」の私有地の門の前に何者かが車でやって来て、閉じていた高さ6フィート(約1.8メートル)の門の上から犬を放り投げてその場を去っていった・・





この騒がしい音に気づいて門を確認しに来た同団体のスタッフは、投げ捨てられた犬を見て憤りを感じた。犬は雄で中型犬ほどの大きさだが、まるで骸骨のように骨がはっきりと浮き出て、皮膚を突き出してしまいそうなほどだった。明らかに長いこと何も食べていない様子だった。

幸いにも門の上から投げ入れられた時に大きな怪我をすることはなかったが、爪は伸びきっていたうえに足を痛めているようにも見え、身体にはいくつかの腫瘍らしきものがあった。この犬は“キャスパー”と名付けられ、獣医のアドバイスのもとスタッフらが餌を与えた。





同団体のFacebookにはキャスパーが捨てられた日に食事をしている写真が投稿され、「おそらく餌を食べられずに長いこと過ごしたキャスパーにとって、まともな最初の食事だと思われます」とあった。のちにキャスパーは2時間おきに適切な量の食事が取れるようになったという。Facebookでキャスパーのことを知った人たちからは、悲しみと怒りの声が集まった。

「なんて悲痛な姿なんだ」
「こんな痩せ細った犬は見たことがない。早く回復してほしい」
「こんな目に合わせる人間に対して怒りが湧くよ」
「キャスパーはこんなに可愛いのに、飼い主はなんて奴だ」・・

(source: Techinsight - ほぼ骨と皮の犬、動物保護施設の門に放り投げられる(英)




・うわああああ(´;ω;`)

・想像以上に骨と皮で引いた。よくこの子死なずに生きてたな…

・動物愛護を名乗るなら赤ちゃんポストならぬ、ペットポストを用意すべきだったな。そうすりゃ放り投げられることもなかっただろう。ペットを捨てるなとか飼い主側に求めても無駄

・飼い主を特定して、餓死させるまで牢屋に入れてやれ。

・記事見てカーーーッとなって本当の「キレる」ってやつの1歩手前まできた自分がいた

・これは動物愛護うんぬんの前に人として許せん。よく生きていてくれた。ぜひ元気になってほしい。

・なんでだよ。なんでそんなになるまで……。

・犬は人間を裏切らないが、人間は犬をいとも容易く裏切る。犬は人間を生き物として見ているが、人間の中には犬をおもちゃとしてしか見ていないものもいる。