vgg36人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、容疑者の事情聴取が始まったことがわかった・・






青葉真司容疑者(41)は2019年7月、36人が死亡、33人が重軽傷を負った京都アニメーションの放火殺人事件で逮捕状が出ている。

しかし、青葉容疑者自身も全身に負ったやけどで治療を受けていて、逮捕には至っていない。

これまでに青葉容疑者は、徐々に回復していたが、8日、京都府警が病室で初めて1時間にわたり事情聴取を行ったことがわかった。

青葉容疑者は淡々と捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、「どうせ死刑になる」などと話していたという。

(source: フジテレビ系(FNN) - 【速報】京アニ放火 容疑者を事情聴取 「どうせ死刑になる」


・青葉真司容疑者




・当然、死刑にはなります。
しかし、この事件は単純に犯人を死刑して終わりというわけではなく、前科もあり他者に危害を加える可能性が高い妄想性精神病かつ人格異常者をどのように扱うかという問題と向き合う必要があります。


・担当された医師の皆様。
葛藤があったかと思います。
しかし貴方方のお陰で、理不尽に命を奪われた方々の、その理不尽が如何なるモノから生じたのかが明らかになろうとしています。

・原因究明に協力する必要があるから、延命措置をされた。正直に話してほしい。それでも極刑でしょうけど…

・自分も彼と同じ人間では有るけど
ほとんど別の生物だなあと思う

・単に精神疾患からの事件で終わらせることはできません。他者との感覚の違い、捉え方の違いが大きく、折り合いがつけられない人が多数いるなかで、この事件だけが特別ではありません。