gt]4歳の男の子の母親であるジェーンさんは、子どもが生まれる前はラスベガスのホテルで清掃員として働いていました。ジェーンさんはホテルの一室で当時24歳の男性が残した銀行取引の明細書を発見し、宿泊客の男性が億万長者だということに気づきました・・





会ったこともない億万長者の子どもを産んだ女性が養育費2億円をゲット


そして、明細書と一緒にごみ箱から発見されたのが、液が詰まった使用済みコンドームです。

公聴会に出席したジェーンさんは、「明細書とコンドームを目にした時、大金持ちとの間に優秀な子どもができればどんなにいいかと思いました」と語ると共に、清掃作業中に使用済みコンドームに入った液を自分の体に流し込んだことを明らかにしました。

その後男の子を出産したジェーンさんは、子どもに宿泊客の男性にちなんだ名前を付けたとのこと。そして子どもを産んでから3年後に、男性を相手に父親としての責任を追及する裁判を起こしました。裁判では男の子の父子鑑定が行われましたが、その結果は「男の子の生物学的な父親は、確かに宿泊客の男性である」というもの。

父子鑑定の結果を受けて、裁判所は男性に対し「子どもを養育しなかった期間の養育費として、子どもの母親に200万ドルを支払うように」と命じました。ここで命じられた養育費はあくまで「子どもが生まれてからの3年間分」であるため、今後男性は子どもが成人を迎えるまでのさらなる養育費の支払いを命じられる可能性もあります・・


・フェイクニュースとの指摘も