gg青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった・・





「誰でもよかった」との内容の話もしているといい、県警が動機を詳しく調べている。

県警によると、少年は12日午後4時40分ごろ、八戸市内の路上で、1人で下校途中だった女児に後ろから近づき、首の前部分を切りつけ、約3週間のけがを負わせた疑いがある。

女児は首に長さ約10センチ、深さ最大約1センチの切り傷を負った。少年は「カッターナイフを使って殺すつもりだった」などと容疑を認めている・・

(source: 朝日新聞デジタル - 逮捕の中学生「人を殺すことに興味」 青森女児切りつけ


・話題となっている 八戸市女児切りつけ事件




・興味があって、未遂であるものの実行した人間を出所させてはいけないと思う。重罪をしたことを認識できない年でもないし、できない人間であればそれなりの隔離は必要。

・この犯人は誰でも良かったと言っていますが、自分よりの年下で女児に犯行を向けていますので明らかに弱いものを標的にしています。無差別のようで弱いものを狙っています。目立ちたいけれど手段を間違えた人間のタイプのようにも感じますわ。

・だれでもいいは「殺すことが可能な相手なら」がつくんだろうね。
そこらを歩く警察官やプロレスラーを相手にしようとはしてないだろうし。
あと、少なからずこういうことに興味を示す人が現れる、存在することを否定してはいけない。
問題は、そういうことに興味を示した後に、「でも、やってはいけないことだ」と理性が働くように教育することが必要。

・酒鬼薔薇聖斗は14才だった、その事件、彼の状態、言動、それに対する社会の動き。
私たちは何をそこから学び、2度とあのような事件を繰り替えさせないために、何をしてきたんだろう。

・もし自分の子供が同じ目にあったらと思うと怖すぎます。
こういう人間に厳罰&社会に出さないような仕組みが必要だと思う。

・少年法を見直すべき!
守られる順番が違いますよね。

・いわゆるサイコパスだろうか。
14才という年齢も衝撃的だが、
14才だから自分にブレーキをかけることができなかったのかもしれない。


・防カメに男子中学生とみられる少年