fr4長崎市青山町の住宅団地内を通る私道を所有する福岡県内の不動産管理業者が道路の一部を封鎖し、住民側が通行妨害禁止などを求めた仮処分申請で、長崎地裁は14日、業者に対し通行妨害の禁止と道路を封鎖しているバリケードの撤去を命じる決定を出した・・





 申立人は団地の住民ら7人。業者側は3月、市に私道の譲渡を申し出たが、「自費でガードレールを設置する必要がある」などと言われて断念し、住民に歩いて通る場合は1世帯月3000円、車では月1万円程度の通行料を要求した。住民側に支払いを拒否され、10月2日からバリケードで道路の一部を封鎖。さらに別の場所でも封鎖を検討していた。

 住民が自宅とは別の場所に駐車場を借りたり、一部のタクシー会社が団地内への乗り入れをやめたりと生活への影響が出ていた。市もごみ収集の際、職員が車輪付きのかごを引っ張りながら集めるなどしていた。


・話題となっている 長崎市青山町の私道問題


 住民側代理人の山本真邦弁護士は14日、同市で記者会見し「主張が認められて安堵(あんど)している」と述べた。住民でつくる自治会の田中憲一会長は「これで少し安心できる。一刻も早く平穏な生活を取り戻せるようにしたい」と語った。

 決定によると、業者が決定の通知を受けてから7日以内に撤去しない場合、業者側の費用負担で地裁の執行官に撤去させることができる。業者は読売新聞の取材に「内容を精査していないのでコメントできない。今後の対応は弁護士と相談して検討したい」と話した。

 都市計画法では、1971年度以降に開発が許可された団地内の道路は原則市道とするよう定められているが、この団地は69年頃に開発が始まっており対象外だった・・

(source: 読売新聞オンライン - 私道の車通行に月1万円要求、住民に拒否されバリケード…地裁が業者に撤去命令



・確かにいきなり道路を封鎖されては住民の方は困るだろうし、今回の措置自体は妥当だとは思います。
しかし、そもそもこの道路を所有していた業者が行政に寄付すると言って居るのに、真摯に対応せずに断った行政側に一番の落ち度が有り、現在所有している業者も有る意味気の毒では有ると思います。

・業者もやりすぎとは思うけど無条件撤去もあり得ない。
この結果を盾に住民は大きい顔をするのでしょうか。
それとも交渉の机につくのでしょうか。

・今回ここがピックアップされたけど。
私道問題は大なり小なり、全国であるんだよね。

権利を侵す必要はないけど。
公共の場として不特定多数が利用している道路に関しては。
予算の問題もあるかと思うけど、国や自治体が管理維持すべきかと思う。

・悪いのは「道路封鎖していた“業者”」ではなく、業者からの「私道買取り要請を拒んだ“長崎市”」である。
ある意味では「業者」も「住民」と同じく被害者である。

・業者もある意味被害者ですよね?
私道なら、もし道慨嘆だ場合誰が補修費用を出すの?業者ですよね?
皆で道を通り、道が傷んだら土地の持ち主である業者に経済的負担を負わせるってのは如何なものか?
もし補修しないで置いたら、今度は地域住民は土地の持ち主なのだから補修する義務があるだの、事故が起きたらどおするだのと一方的な意見しか言わないのでしょ?

・これで解決ではないでしょう。業者が不服申し立てなどして裁判を長引かせたらお互い消耗するだけです。長崎市が市道として管理すべきと思います。

・自分の家の庭を勝手に通られて、塀を作ったら庭を通れなくなって不便になったと裁判起こされてしかも敗訴したら意味が判らない。
不法侵入にならないの?
この土地の固定資産税はどうなってるんだろう?