dg沖縄県宮古島市で、核燃料棒のような物体一つが見つかり、玉城デニー知事が19日、自衛隊に災害派遣要請をした・・






宮古島で核燃料棒らしきもの見つかる 自衛隊に災害派遣要請


市によると、陸上自衛隊が測定をした結果、放射線は検出されなかった。

陸自によると、核燃料棒のようなものは、同市の国仲橋付近で住民が見つけた。

玉城知事は同日午前3時11分ごろに派遣を要請。陸自宮古島警備隊の隊員5人が放射線量を測定した・・



見つかった物体は、大きさは長さ19・5センチ、直径1・3センチ。プラスチックの筒状容器の中に約1センチずつの黒い円形の物体複数とバネらしきもの入っている。

宮古島署に保管されている「ウランペレット(核燃料棒)」と表記されたラベルが付けられた筒状の物体
容器の上には筒状の金属製ものがかぶさっており、「ウランペレット(核燃料棒)」と表記されたラベルが付けられている。金属製のものはスライドさせることができる。