11反社会的勢力との闇営業が発覚し、事実上の謹慎状態にある雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、来年1月に芸能活動を再開させることが19日、分かった・・






 1月10日から東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演される舞台「七転抜刀!戸塚宿」に出演予定で、6月24日に当時所属の吉本興業から無期限の謹慎処分を下されて以来の復帰。それでもテレビ出演再開などのめどは立っておらず、本格的な活動再開にはまだ時間がかかりそうだ。

 復帰舞台となる「七転抜刀!戸塚宿」はタレント・明石家さんま(64)の主演舞台。関係者によると、騒動の端緒から宮迫のバックアップを宣言しているさんまの強い意向により決定したという。


・大きな話題となった宮迫博之さんの報道




 さんまは21日に都内で行われる宮迫のためのイベント「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」を主催。業界関係者を数多く招待しており、同会で宮迫の舞台出演を発表する可能性が高いとみられる。

 とはいえ、完全復帰にはまだ障壁が多い。処遇について二転三転した吉本興業との契約については、状況に変化はない。関係者によると、宮迫自身が吉本との話し合いのテーブルに着くことを拒絶しており、“元サヤ”決着は絶望的だという。

(source: デイリースポーツ - 宮迫復帰 来年1月さんまの舞台で 吉本との話し合い拒絶 当面さんま事務所預かり



・吉本を拒絶とかできる立場なんでしょうか。
嘘を何度もついたことで、どんどん騒ぎが大きくなったことを忘れてはいけない、

・舞台はともかくテレビでの需要は無いのでは?
さんまさんも可愛い後輩かもしれないが世間の空気をもっとよんだ方が。
それより先に亮くんを復帰させてほしい。

・世間のニーズがあるかは知らないが、復帰自体は個人の自由だし、まぁいいと思います。
それより、芸能界自体の反社との繋がりはちゃんと切れたのだろうか?
吉本内部問題であえてメディアも有耶無耶にした感じがあるが、本来斬り込むべき本題がスルーされて、必要以上に個人だけを叩く風潮には疑問が残ります。

・さんまも肩入れし過ぎると
足元すくわれる事になるのでは

・腰巾着だから懐に入る素質はあると思うが、芸で面白いと思ったことは無い。

・>“完全潔白”を証明できるか
例えその証明できたとしても、Twitterで世間に向けて嘘を発信した事や後輩達に嘘をつかせた事実は何も変わらないと思う。

・彼は性根が曲がっていると思うし、そう思っている人も多いのではないでしょうか。それでも応援しようとする人の気持ちは素晴らしいことですが、あまり過ぎると逆に何かを彼に握られてるのではないかという疑念も生じます。

・宮迫は、大御所への取り入りがうまいだけで、面白くないから、今回のことがなくてもいずれ何かのきっかけで崩れてたと思う。
人間性が魅力がないのと、自分で大事にして、自分だけ助かろうともがくのが、好感が持てません。

・復帰するのは自由かと思う、需要があるかは知らないが、ただ吉本とは子供じゃないんだから、きちんと話し合うべきだ。吉本があって今があるんだから。


・宮迫博之、来年1月に明石家さんまの舞台で復帰へ