1111月21日、芸能活動を休止中の雨上がり決死隊の宮迫博之(49)に大きな動きがあった。「明石家さんまさんが、都内のホテルで彼の“激励会”を開催。テレビ局の幹部や制作会社のスタッフ、芸人仲間など、100人近くが参加しましたよ」(スポーツ紙記者)・・





 仕事だけでなく、プライベートでも大きな変化があった。

「激励会の1週間くらい前に、長らく住んでいた自宅マンションから引っ越しました。業者が荷物を運び出し、駐車場から彼の車もなくなっていたそうです。ご近所への挨拶はなく、ひっそりと姿を消してしまったみたいですよ」(近隣住民)

 周囲との接触を避けているようにも見えるが、最近は外へ飲みに行くことも多いという。11月初旬の夜には、都内の居酒屋で会食をしている姿が目撃されている。


・大きな話題となった宮迫博之さんの報道




「仕事仲間の男性5~6人で来ていたそうです。宮迫さんは特に落ち込んだ様子もなく終始、上機嫌だったみたいですよ」(テレビ局関係者)

 騒動から半年がたって心機一転したのか、会食の場では少々“ブラック”なトークが繰り広げられていた。

「“お前、今テープ回してないやろうな?”“宮迫、動きます!”など、騒動のときに吉本の岡本昭彦社長や松本人志さんが口にしていた言葉をネタにしていたそうです。また、一連の経緯をよく知らない店のスタッフには、宮迫さんが自ら“説明”していたといいます。

“激励会”でもイジられていましたし、今やあの騒動は仲間内での鉄板ネタになっているのかもしれませんね」(同・テレビ局関係者)・・

(source: 週刊女性PRIME - 宮迫博之がこっそりお引っ越し、いまや“騒動”は鉄板ネタになるほど「回復」


・宮迫博之を囲む会の全容を明石家さんまがラジオで激白



・この人より、この人に引っ張られる形で嘘をつくことになってしまいかなり憔悴した姿を見せていたロンブーの方が気になるんだけど

・もともと彼が最初に嘘をつかなければ大ごとにならなかった訳で完全に自業自得の案件だと思うが?それなのにいつのまにか美談にすり替わりつつあるのは違和感しかない。やはり芸能界は一般社会と違って大甘だと思う。

・相方の蛍原さんの事を考えたら、こんなに早く復帰話が出てくるという神経がわからない。
何もなかったように出てくる悪いイメージしかうかばない。

・宮迫、動きます。って本当に言っていたとしたら、松ちゃんに失礼すぎませんか?
誰のせいで松ちゃんは会社や芸人と話し合いの場を設けたりしたと思っているんでしょう?

・「回復」って…。何でいつの間に宮迫さんが被害者みたいになってるんだろう。

・騒動をネタに…絶対早いでしょ。自分のせいで後輩たちを巻き込んだのに反省してないですね。ただちょっと休暇を取っただけじゃないですか。
宮迫は嘘をついたり、保身に走ったり… 会見でも後輩思いをアピールしてましたけど、それならそもそも自分だけ闇営業で高額受け取らないでしょ。収入もたっぷりあるのに、コソコソ闇営業して、自分の分を少しでも後輩へ回すこともせず。
不倫騒動も適当なこと言って乗り切って、世間はちょろいな〜とか思ってそう。

・宮迫、動きます?
違うだろ!さんまさんに動いてもらいますだろ!
自己の行いに関して一切反省していない。
全て人任せ。

・こんな奴が復帰出来る雰囲気だけでも
芸能界って汚いと感ずる
元々モラルが低い人種と思えてしまう。

・嘘さえつかないで謝罪して謹慎すればここまでにはならんかったと思う。宮迫たちが反社とは知らんかったのは事実やと思う。だから、副業してお金もらってすんません。反社とは知らんかったけどそんな方からお金もらって不快な思いをさせてすんませんって素直に謝ってれば良かったのに、嘘ついてケチついて、独断で会見開いて会長、社長にケチつけて自分は被害者アピールしたんが失敗。素直に非を認めて会社を敵に回さんかったら吉本は守ってくれたと思う。
徳井は追徴課税払ったいうても脱税常習犯やからアウトやと思うけど、宮迫はホンマに下手こいたと思う。