32絶景を写真に収められる、いわゆる「SNS映え」するスポットに大きな落とし穴です。横断歩道のない場所を観光客が次々と横断し、問題になっています・・






車が頻繁に行き交うなか、横断歩道のない道路を渡る危険な行為。彼らの目当ては琵琶湖に立つ朱塗りの大鳥居。人気のSNS映えスポットを撮影するため、もう1つの観光名所「白鬚神社」から危険を冒して国道を渡っているのです。

こういった行為に神社側も頭を悩ませています。

白鬚神社・梅辻春樹宮司:「歩行者が巻き込まれる事故はないが、急に歩行者が飛び出したから急ブレーキを掛けて後ろの車が追突する事故は結構ある」


322


地元の人:「危ないです、すごく。外国人が多いですしね。マナーが悪いなと常に思っている」「僕らはここが生活道路だから、もうちょっと考えてほしい」

先月、警察は日本語や英語、中国語の3カ国語で注意を呼び掛ける看板を設置しました。しかし、それでも危険な横断をする人は後を絶たないといいます。

その理由は横断歩道の場所にありました。時間にして約16分。1.5キロほどの距離がありました・・


・“映え”スポットで・・・ルール無視のキケン横断



・乱横断で、事故になった場合は
状況を調べて歩行者に責任がある場合は
歩行者の方を厳罰に処してほしい

・誰かがその内、轢いてくれる

・地元住民です。大変迷惑しています。特に、初日の出の写真撮影は、酷すぎて車がかなり走りにくく、渋滞も起きます。これ以上、観光客はいらない!

・スマホ見ながら歩いてるから
車など見てないない

・日本中からインスタ蝿を駆除したいですね

・とりあえず、看板の標語は
「轢き殺しても、無罪です」
~と多国籍語で...

・道交法をちゃんと適用して摘発して切符切れよ、何やってんだよ警察!法治国家じゃないのかよ。警官動員して千人ぐらい摘発すればSNSで拡散していなくなる。そのあとは警官2人ぐらい立たせておけば簡単に防げる。