43映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」で、主人公のキャラクター名「リュカ」を無断使用されたとして、「小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんは12月13日、映画の製作委員会などを詐欺や不正競争防止法違反、著作権法違反などの疑いで刑事告訴したと発表しました・・





 久美さんは1994年に発行された「小説ドラゴンクエストV」の作者。

小説版の主人公「リュカ(リュケイロム・エル・ケル・グランバニア)」の名前が、映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」内で、無断で改変され使用されていた(映画版の主人公は「リュカ/リュカ・エル・ケル・グランバニア」)として、以前から名誉毀損などで製作委員会と争っていました。


・久美沙織さん 映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」製作委員会を提訴



問題の焦点は、映画「DRAGON QUEST YOUR STORY」で、「小説ドラゴンクエストⅤ」で私が創作した主人公の名前「リュカ」を無断で使用されたことと、リュカに対する呼びかけである「リュケイロム・エル・ケル・グランバニア」が無断で「リュカ・エル・ケル・グランバニア」と改変されて使用されたことです。


 久美さんによると、少なくとも「リュカ」の単語はノベライズ版だけで487カ所に渡って使用されており、さらに映画の宣伝でも「主人公の名前は小説版のリュカ」といった告知が行われていたとのこと。さらに「主人公が『リュカ』なので小説版が下敷きと混同して実際に見に行った」と発信していた人が、少なくとも4人はいたとしています。

「もはや、連絡ミスや行き違い等の過失ではなく、ファンのみなさまを混同させて集客しようとする明確な【故意】が当初からあって、『リュカ』および『リュケイロム・エル・ケル・グランバニア』を【故意】をもって無断で利用・使用なさったのだ、それがいけないことだとはお考えでないのだ、と判断せざるを得なくなりました」(発表文より)。




 容疑は詐欺または背任または業務上横領、不正競争防止法違反、著作権法違反で、告訴状は12月5日付(6日配達)で、東京地方検察庁および警視庁に提出したとのこと。

「リュカ」という名称の著作物性が大きな焦点となっている同案件ですが、「詐欺または背任または業務上横領、不正競争防止法違反については、焦点となる表現物の著作物性が認められなくても該当すると考えております」と久美さんは語っています。

(source: ねとらぼ - 「ドラクエV」小説版原作者が映画「ユア・ストーリー」製作委員会らを刑事告訴 詐欺や不正競争防止法違反などで


・ドラゴンクエストユア・ストーリー



・あらま、ずいぶん雑なやらかしだねえ

・映画の内容がアレだった上に小説版の名前を無断で使用……あまりにも杜撰すぎる。

・大人になれよと説教されるのは映画の方だったというオチ

・まともな内容だったならともかく、あの糞映画の原作小説みたいな認識されたらたまったもんじゃないからな

・この人の小説はDQをリスペクトしつつ設定を補足したりしている良作

・はぁ?小説版の名前だ!と喜んでたら無断使用だったのかよ 内容でも場外でもやらかしてるなこの映画

・当然だろ。リュカだけならまだしも、フルネームでしかも小説版準拠とあえて誤解させるような宣伝してたのなら刑事告訴は妥当。

・最初は穏当にお願いしてたのに聞き入れてもらえなかったのか。本来なら特別協力とかスペシャルサンクスとかに名前並べるだけで済んだのに。

・ニコニコ大百科の「久美沙織」のページの掲示板によるとこのもめ事は夏ごろには既にあったのね。小説版での正式名はリュケイロム・エル・ケル・グランバニア。映画はリュカ・エル・ケル・グランバニア。クレジットに名前書いてくれればよかったのにスクエニは謝罪したけど政策委員会からは無視されたとある。

・これ発覚した当初そんな難しい要求したわけじゃないのに何で放置したんだ?

・実際、久美さんの小説版ドラクエⅤはマジでいい出来栄えやからなぁ。もう20年以上も前だが、未だに覚えてるわ。アレに完全準拠で映画化してくれたら最高だが。ユアストーリーはホント、色んな意味で酷かったワケだ、内容や映像だけでなく、制作裏側も。

・プアストーリーって揶揄ホント好き

・同じ公式の仕事同士で何でこんなアホな事が起こるんだろうか?

・他の映画見に行った時流れた予告編みて「5の映画や!どこで区切るのかなぁ?楽しみや!」とか思ったもんなぁ…。初日から速攻の酷評祭りでそんな期待も吹き飛んで怖い物見たさの気分すら起きなかったけどさ。あの予告編みて本編見に行った人は、ほんま詐欺だと思ったろうなぁ。ご愁傷様だよほんと。


・久美沙織氏